ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

2020年3月30日 (月)

コロナと原発事故 西洋文明的発想の落とし穴

 新型コロナウイルスの影響で、イタリアは医療崩壊したし、アメリカやフランスでもかなりの被害が出ている。1月や2月の段階では、

「中国の政治体制だから~~」

と、欧米の『先進国』は比較的甘く見ていたのではないだろうか?

 しかし、現在の状況は

「欧米の先進国でも医療崩壊まで起こりうる」

と言う厳しい現実に直面している。

 さて、イタリアなどのニュースを聞いていたとき、私は10年ほど前のあるニュースを思い出した。

福島原発事故の時
「日本ですら原発事故が起こった!」
(旧ソ連などとは違う西洋文明先進国で!)

と言う、驚きである。あのとき、多くの国が原発に対して腰が引けるようになった。

 さて、今回のコロナ対策に関しても

「中国のような独裁国で、隠蔽などしているから、コロナ流行を引き起こした」

と言う論法は、もはや通らない。それどころか、

「独裁国の方が、強引な手段で抑え込むから、早期収束させる」
(中国、北朝鮮・・・)

と言う結果すら出るかもしれない。

 これは極端だが、日本の対応は、まだ医療崩壊など、最悪の事態を逃げるよう、上手く踏みとどまっているように思う。

 この知恵は、西洋文明と一線を画す日本の力ではないかと思う。

「現実を見据えながらしぶとく妥協点を探す」

これが、

「机上の検討で方針を作る」
「個人の主張だけをぶつけ合う」

西洋文明との違いではないだろうか?

2020年3月21日 (土)

25年前のオウム真理教サリン事件について

 地下鉄サリン事件から25年と言うことで

「風化させてはいけない」

と色々な報道が出ている。私はこの事件に関しては、

「風化どころか、当時から本質の解明ができていない」

と考えている。

 まず、今回の表題に注目してほしいが、「地下鉄サリン事件」だけに注意を向けると、多くのモノが見せなくなる。私の考える問題点は以下の通りである。

  1. 上九一色村でのサリン製造プラントの問題
  2. 上九一色村で製造された大量の上質サリンの行き先
  3. 松本サリン事件
  4. 地下鉄サリン事件

一番にサリン製造プラントを挙げたのは、このような設備ができた、それを見逃していた、治安体制の問題である。特に注意すべきは、プラントができたと言うことであり、これには高度の熟練技術者が関与した可能性が大きい。配管をきちんと行うと言うことだけでも、匠の技が必要であり、これは日本の大学で「XX学」を学んだと言うことだけでは、習得できないモノである。従って、オウム信者の「高学歴者」は、試験管レベルのモノを作れても、プラントを実現できたとは考えにくい。

 なお、このようなプラント実現に関しては、「安全重視」の日本の環境では、経験を積むこと自体難しいので年月での育成となる。一方、北朝鮮のように「人権に配慮しない国」ならば、被害者が出ても強引に作り、失敗を重ねながら経験を積むことで、早期育成が可能になる。従って、

「日本の高学歴者の言っていることを、北朝鮮の技術者が実現し、しかも日本の経済環境で原料を調達する」

と言うことは、北朝鮮の化学兵器充実には、特に有効な手段であった。

 もう一つ加えると、オウム真理教とロシアの関係を疑う人がいるが、サリン問題に関しては、ロシアのメリットはない。なぜなら、ロシアはアメリカに対抗できる、唯一の核大国であり、逆に核保有以外では経済的に考えれば、三流国扱いされないレベルである。従って、核のメリットを脅かす化学兵器などは、ロシアの眼中にはない。

 さて、サリンが実際に使われたことは、テロの歴史を変える大事件なので、これはまたこれで追求すべきことである。ただし、ここで大事なことは、

「地下鉄サリンは粗悪品である」

と言う事実である。つまり、プラントを破壊して、純正サリンはないが原料があるので粗悪品を製造した。これは、当時のオウム真理教幹部の技術レベルを示しており、高度の技術者は当時既に(国外)逃亡をしていた可能性がある。

 25年間には

「朝鮮民主主義共和国は理想の国、拉致はアメリカのでっち上げ」

と言う世論が強く、拉致被害者に対しての迫害もあった時代の空気を、もう一度見直してこの事件を考えるべきではないかと思う。

2020年2月12日 (水)

深い穴を掘るだけの鍛錬であって善いのか

 昨日書いた、多様性の話に関連して、今朝のNHKの話でショックを受けたので、もう少し書いておく。

 今朝のNHKが取り上げた話は

オリンピックの空手の型選手が、琉球舞踊の膝の使い方を学んでいる

と言う話であった。

 これが、テレビで取り上げられたのは、

「犬が人をかんでもニュースにならない,人が犬をかんだらニュースになる」

と言う原則から、

「空手と舞踊は別」

と言う常識が育っているらしい。昭和の時代に育った立場では、

「空手の琉球舞踊は表裏一体、琉球舞踊の名手は空手もできる」

と言う常識をもっていた。もう少し踏み込めば

「沖縄では、武術禁止・武器禁止が厳しく、そのために素手の格闘技の空手が普及したが、空手すらも危なくなったので、琉球舞踊のなかに、体の使い方の極意を隠した。」

と言う伝説すらあった。

 このように,関連する物事の網をきちんと作らず、バラバラの専門家を育てているのが現在の教育ではないかと思う。

2020年2月 9日 (日)

『日本教』の影響下での社会分断について いわゆる『高学歴者』の思考限界

 昨日書いた、日本教と正義の問題は、悪影響を及ぼすと、社会分断になる。

 これは、少し前に書いた『高学歴』という議論とも重なるが、

「現在の学者達の思考法には、決められた範囲での厳密な思考法」

を重視している。

 このような思考の厳密さは大事なことであり、何もかも鵜呑みにするよりは、きちんと資料評価する姿勢は大切にしないといけない。

 しかしながら、この時とても危険な現象が起こる。それは

「考慮にそれたモノに対する配慮がない」

と言う事態である。この問題は、『日本教』の根本仮定である

「全てを観てくださる神」

の範囲から出てしまうと言うことであり、この人達の苦しみなどは考えないようになってしまう。

 悲しいことに、このような事例はたくさんある。切実な話では、

「精神の疾患のある患者の家族に、
『その人の言うことをできるだけ聞きなさい。』
つまり奴隷になるぐらいの気持ちで」

と指導する精神科医の話もある。某殺人事件でも、引きこもりの人間のために、家族に自殺者が出ているが、その自殺者に対する同情の論地はなく、『引きこもり者を殺した父親』を責める、立派な精神科医がいる。

 また別の見方では、

「受験に対して社会活動などを考慮せよ」

と言う議論が出ている.これに対しては

「家庭の事情で社会活動などできない子供はどうなる」

と反論が出ているが、中高一貫校などの『恵まれた環境』で学んだ人間が、自分たちの尺度で、このような制度をだすことが怖い。

 また国会などを見ていると、一部野党の人たちは

「国家公務員(キャリア官僚)の人権はない」

と考えているのではないかと思う。と言うより、『人間』と思っていないのではないだろうか?

 この発想は、西洋文明の『人間の限界』を心得ている場合より、『日本教』の方が深刻だと思う。

2020年2月 3日 (月)

管理という発想から人材活用に切り替える 「引きこもり対策」

 今朝のNHKニュースを見ていたら,「引きこもり」者の就労支援が取り上げられていた。引きこもり者の、ソーシャルスキルを訓練し,就労後のメンタル面まできめ細かくサポートする,派遣会社の話である。

 これはとても善い仕組みだと思う。一般に就労支援というと、就職口を見いだすだけ。もう少しサポートすると言っても、定時的な面談ぐらいしかしていない。しかし、現状の引きこもり者は、電話の対応や名刺の出し方など、基本的なソーシャルスキルを身につける機会も失っている人が少なくない。そうして就労しても、色々の対人トラブルに遭う。このようなときに、速やかなサポートが必要であるが、それを、今まで均質な人材の効率向上を見ていた、一般企業の管理者に求めるのは、現実的には難しい。確かに大企業なら、そのようなメンタルサポートを置けという、行政指導もあるだろう。しかし中小企業、特にスタートアップの時などには、そこまでの力はない。

 そこで考えを変えて、

「人材活用のプロ的な会社」
(メンタル面のサポートを含めた人材派遣)

と言う発想はあるのではないかと思う。

 このような動きについて、厚労省のサポートが有効だと思う。幸いにも、労働問題の専門である労働省と、メンタル面の専門である厚生省が一体になったメリットは、このような面にあるのではないかと思う。管理者や経営者視点の経産省より、人を見る厚労省に期待したい。

 もっと過激なことを言えば、ハローワーク等の関連事業で、引きこもり者を一旦抱えて、ソーシャルスキル訓練をし、更に就労時のメンタルサポートを行う派遣業と言うのも現実的な問題解決の一案かもしれない。

 

2020年1月26日 (日)

時代の『空気が』薄れていく実感

 私が関西人だからかもしれないが、近頃、阪神大震災の関連のテレビ番組を時々見る。この番組を見て、25年前の今頃とは大分変わった取り上げ方だと思った。そこで、当時の私が直接感じたことで、現在は報道されなくなったことをもう一度書き残しておく。

 一つは、震災直後のテレビ番組での扱いである。私の印象に残っているのは一つ目は、○平連の活動で有名なO氏が

「土建行政の神戸に天罰が下った」

と番組中に言った言葉が印象に残っている。当時は、左翼系の活動家はこのような罵倒をしても、糾弾されることはなかった。同じ番組の中では、自衛隊の出動が遅れた件移管しても追及があった。そこでは、後に都知事になったM氏が、神戸市や国政の対応を追求していたが、神戸市は冷静に

「それは県のマターです。」

と対応し、一方防衛庁側は

「我々は、兵庫県に連絡官を派遣し
『何か役立てることは』
まで言ったのに兵庫県から依頼が出なかった。」

と証言していた。

 このような状況は、東日本大震災時は大きく改善されたと思う。

 また、今朝のNHKでは、神戸新聞の当時の活動を後輩に伝える状況を報道していた。これに関しては、当時『神戸新聞の100日』という本が出ていたが、これに東京のある大学の先生が

  「単なる感傷」か「自己陶酔」

という風な酷評をしていたことを思い出した。

 このような空気が25年前にはあったが、これが現在は報道されなくなっている。

 確かに、当時の様な発言をしたら、現在ならば、SNSの力でかなり叩かれたであろう。それでも、当時の「知識人」が動かしていた世論があったこと、これをきちんと残しておくことは大事だと思う。

2020年1月22日 (水)

日本教の危機について

 山本七平の『日本教』について色々と読んでいくと、山本七平が見た世界が、現在にもまだ残っているような気がした。山本七平は、明治維新での「攘夷から開国」、そして戦後の「鬼畜米英からマカーサー万歳」などの手のひら返しや、「60年安保闘争」の空虚な面も見ていた。しかし、私の考えでは、これらの状況の裏には

「政府幹部などの情報独占」
「大衆に知らせないであおる」

という状況があった。例えば、日露戦争の後の講和反対の世論や、戦後の反アメリカ思想に関しては、政府の意図的な扇動も会った。一例を挙げれば、吉田茂が対米交渉を有利にするために、社会党等の親ソ路線を利用がある。

 ただし、このような政府のあおりがなくても、空体語の暴走で色々なトラブルがまだ発生している。例えば

  • 朝鮮民主主義人民共和国は理想の国、拉致などは右翼思想のねつ造である
  • 学校教育の場は神聖な場でありいじめなどはない
  • 教育の場は神聖であり体罰は適切なモノである

等の空気から、被害者が抑圧されていた。しかしこれらは、今世紀に入ってから、どんどん崩れている。この崩れ方に関して従来と少し違う面がある。

 まず北朝鮮拉致問題に関しては、小泉訪朝での事実が、北朝鮮理想論に「水を差し」て、大きく変わった。しかし、これ以降もネット社会の世論の後押しが、今までの空気撲滅に役立っている。一方、いじめ問題や、教師の体罰問題に関しては、事実をネット側が広げる形で追求し、

「別の『空気』が今までの『空気』を潰す」

状況になっている。このように『空気』の扱いが変化しているように思う。

2020年1月16日 (木)

均質化した社会しか見ない人が増えているのではないか?

 昔ある学会で、ある大学教授と論争したとき

「あなたたちは『会社』と『社会』を混同している」

という,『会社人間』にとっては痛い指摘を受けた。

 しかし、この問題は近頃の世相を見ると、もっと深く考える必要がある。例えば、『地方創生』に関連した『都会化』という問題でも、

「地域の独自性を無視し、東京だけを見ている」

という批判が出てくる。このような問題の共通的な原因は、

「均質的なモノへの押し込め」
または
「逸脱者の排除」

という発想である。会社の場合になら、

「採用試験という選別を通し、一つの目的に合わせた社会」

であり都市化の場合でも

「都市に住みたい者だけの社会」

「逸脱者は帰れ」

という発想になることが多い。(逆に、某市に逸脱者を押し込めようとした例もある)

 この様な、『均質人材社会』は、『社会の高学歴化』でますます進行しているように思う。

 「学校で学んだ理論が成立する社会」

このような社会を『理想的』と思ってよいのだろうか? 

2020年1月 3日 (金)

議論の正しい形について

 議論の正しい形について、年末に緒方貞子氏の業績を、たたえるテレビを見ていて思いついた。そこでは

「多くの人が自分の主張をする。」
これに対して
「リーダーは皆の言うことをきちんと聞く。」
その上で
「決断はリーダーが下し、皆に従わせる。」

と言う形で、しっかりした議論が行われていた。

 私は、これが議論の本当の姿だと思う。色々な見方から、多様な意見が出る。その主張自体はきちんと聞かれないといけない。しかしそれを採り上げるかどうかは別の問題である。採択の決定権は、リーダーにある。

 ここで大切なことは、参加者の姿勢である。

「参加の目的は、会議に貢献すことである。」

この大前提を忘れて、

「自分の主張だけする。」
「自分の主張が取り入れられないと不満に思う。」

と言う、参加者がいると創造的な議論は難しくなる。特に

「自分の意見が完全に受け入れられない限り反対する。」

妥協のない人間は、扱いに困ってしまう。

 なお、

「部分的にでも自分の意見を取り入れれば満足する。」

人は、ある程度は貢献する可能性もあるが、妥協的な議論となって、

「根本的な問題を解決できない。」

状況になる。

 このように考えると、

「議論の成立のためには、参加者の成熟が必要である。」

となるが、もう一つの道は

「リーダーが一人一人の意見をきちんと聞くことで個人としての尊重を示す。」
(意見の採択と個人としての尊重は別と示す)

ことも大切ではないかと思う。

 現在の国会答弁では、このような面がお互いに抜けているように思う。

 確かに、「総理の首取り」ばかりを狙う一部野党の質問に、真面目に付き合えというのは難しい物があるが・・・

2020年1月 2日 (木)

「AI美空ひばり」が引き起こすAIバブル崩壊

 昨年末の紅白で「AI美空ひばり」が登場した。私は音痴なので,音楽の面はよくわからないが,耳で聞く限りは素晴らしい物だったと思う。

 さて、この「AI美空ひばりは」NHKの番組で、何度か出ている。私が紅白で見たのは3度目であった。

 最初の、NHKスペシャルでは、「AI美空ひばり」の開発秘話などもあり、人工知能学会の創立年からの会員としても、

「ここまでAIが来たか」

と素直に感動した。

 しかし、その後テレビの画面を見ながら、「AI美空ひばり」の歌っている姿を観ると、違和感を感じるようになった。言い方は悪いが

「表情の乏しいまるで幽霊の顔」

という感じで,これは紅白の画面を見たときにも同じ感じである。

 実はこの理由は既にNHKスペシャルで明かされている。「美空ひばり」の音楽を再現させたのは、単にAI技術を使ったのではなく、ヤマハの技術者の高度な力が、

「道具としてのAI技術を駆使」

して実現した。

 さて、表情に関して、これと同じように、労力を費やすことができていたであろうか?時間的にもこれは難しかったであろう。従って、

「今のAI技術にお任せの表情」

となり、

「高度の音楽性の実現とのアンバランス」

となってしまったのではないかと思う。

 さて、この話はとても大きな教訓を残している。つまり

「AIお任せでは高度な物はまだ難しい」
「高能力の技術者がAIを補助に使うとすごい物ができる」

と言う状況である。これは当たり前と思う人が多いだろう。しかしながら、ここで私はこの話より

「AI人材バブルはじけが発生する」

と言う予言を行いたい。これは、

「単にAIの使い方を知っているという人材への過剰要求」

が、はじけると言うことである。

 この前例は、既に前世紀末ぐらいに騒がれた

「カオス理論によるブーム」

がある。当時、このような高度の数理モデルを理解する人材が必要と

「数学の大学院卒業者などをシンクタンクが迎えた」

が、結局このような理論の力が,現実に適用できず、

「文化人類学の経験者の方が数学よりよい」

と言う話が,計測自動制御学会誌に載ったりした。

 私は,現在の「AI人材」に関しても,同じようなトラブルが起こると思っている。特に現在のAIでは,モデル作成が機械任せの場合も多く,そのような技術者の使い道で企業は困ると思う。健全なAIの発展のためには,このようなバブル的な者が早くはじけて

「地に足の着いた基礎力充実」

に戻ることが大切だと思っている。

より以前の記事一覧