ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

2020年9月23日 (水)

専門家と一般大衆の両方が満足する政治

 今回のコロナ危機の対応を見ても、専門家の意見と大衆の感覚に、ずれがあるような場合が多い。本来、専門家の意見を、総合的に見て判断するのは、政治の役割であるが、現在の政治にはこれが上手くできていないように思う。もう少し言えば、

「専門家の扱い方を政治家が理解していない」

為に、色々な問題が起こっている。

 さて、この問題に関して、本質的な理解をしているのが、元大阪府知事・大阪市長の橋下徹である。かれは

専門家の厳密な議論は大切にしないといけない。
しかし、全体的な判断は政治家が方向付けをしないといけない。
また、一般大衆が「言葉上手くいえないが不満を持っている」時にはそれを大事にしないといけない。

と、専門家・政治家そして一般大衆の関係を、きちんと考えている。ここで、専門家と一般大衆の感覚について、彼が昔ある番組で、裁判員裁判制度に関し発言したコメントが本質だと思う。

プロ裁判官や法律家は、罪の認定等の専門的な議論は、きちんとできる訓練を積んでいる。しかしながら、一般大衆の感覚も重要である。例えば、
「飲酒運転」
に対して、法律の専門家の議論なら
「酒の影響で判断力低下したから、故意ではない、従って減刑の理由になる」
という方向になるが、一般大衆の意見は
「飲酒して運転すること自体が厳罰にすべき」
であり、この感覚を大事にすべきである。そのため、裁判員制度で意見が出るのは望ましい。

このように、大衆の意見が方向付けて、専門家がそれを実現する。このような政治が必要ではないかと思う。

2020年9月 6日 (日)

弱者の優しい代弁者が存在するか?

 昨日の話で、

「弱者の代弁者」

という問題を思いついたので、忘れないうちに書いておく。昨日の議論では、国会議員である杉村太蔵が、同じ国会議員の石破茂に馬鹿にされたというレベルであり、馬鹿にされた方にも問題ありと処理してもよいだろう。しかし、これが一般国民の問題と考えると、色々と広がってくる。

 まず、一つ目の問題は、

「本当に困っている人の状況を、きちんと伝える人が必要」

である。しかし現状では、これが上手くいかない。理由は、

「論理的な意見をいえるという、スキル面だけで代弁者になる」
「極論や過激な発言する代弁者が少なくない」

という側面がある。

 例えば、予防接種の副作用で、苦しんでいる人がいる。この人に対しては、医療的側面、心理的側面、生活的側面などで色々と支える必要がある。しかし、

「副作用が生じるから、予防接種を禁止すべき!」

という極論を言う人が、

「被害者の代弁者」

として振る舞う事で、結局

「予防接種の効果で救われる命を奪う」

という事態になってしまう。このような機会損失に関しては、被害の申し立ても難しいので、極論がまかり通っていく。

 この問題を考えると、親的な発想で、弱者の代弁をする人材を、もう少し育てていくべきではないか、言うなら

『穏やかな社会学者』

が必要ではないかと思う。

2020年8月10日 (月)

東京一極集中の崩壊について

 今回の、コロナ危機の結果を予測すると

   「東京への集中が止まる」

のではないかと思う。もう少し言えば

   「東京に出れば何とかなる」

という幻想が、崩壊するのではないかと思う。これは、東京という、人口密集地のメリットで

   「多様な人が存在する」
    そこで
   「色々な人が受け入れられる、集団ができていた」 

    例えば
   「小劇場やライブハウスを拠点とする、メジャーでないアーティストとそのファン」
    という関係は、大人口の中での、一部のクラスタとして成立する。 

という状況が、コロナによる接触禁止で、崩壊する可能性がある。

 これを逆にとって、ネット配信を使い、地域のこだわりがない、世界への進出を果たす人もいるだろう。

 しかし、今までの漫然とした発想での

   「多くの人がいる東京なら何とかなる」

という考えは、成立しなくなるのではと思う。

 もう少し考えれば、

   「多くの人間がいるから、安い賃金で使い捨てる」

という発想も崩れるのではないか?

 このような問題を考えるのが、政治の役割ではないかと思う。

 大阪は、西成の特定地区問題で、これについてある程度理解しいる。しかし小池都知事にこのような理解力があるだろうか? 

2020年8月 9日 (日)

一発勝負の必要性

 昨日書いた、記事に関して、逆に

  「強烈な勝利」

の必要性に関しても、もう少し考えるべきだと思った。確かに、織田信長も桶狭間の戦いで勝つまでは、無名であった。

 このように、

  「無名のモノが世間に認められる、一番の早道は、強烈な勝利」

である。

 私自身、現在も無名の立場だから、

  「強烈なデビュー作」

があれば、もう少し皆の注目を引けるから、意見を述べても、受け入れてくれる人が増えると思う。

 ただし、いつも強烈な話だけでは、無理がでる。織田信長も、桶狭間の奇襲以外は、正攻法の戦いをしている。確かに、新機軸を考えているが、無理はしていない。(油断はあったから、本能寺で打たれたが!)

 このように考えると、一度は強烈なことをしても、後は持続可能な安定に持って行くのが大事だと思う。このバランス感覚が大切だと思う。 

2020年8月 6日 (木)

大衆の支持を得た専門家が必要ではないか

 今回のコロナ危機に関して、色々な専門家の発言が飛び交っている。

 そこで一つ思いついたことは、専門家の立場の不安定な感じがすると言うことである。例えば、

   「八割おじさん」

という揶揄などである。

 この問題は、もう一歩踏み込むと

   「専門家は、自分たちの村だけで、認め合っている」

という側面があるが、

   「そこでの権威が一般大衆にも通用する」

こ思い込んでいる傾向がある。

 しかし時代は高学歴化し、ネット情報があふれている現状では、

   「単なる、地位などの権威は通用しなくなる」

傾向がある。

 そのため、自分の考え方をしっかり説明して、

   「大衆の支持を得る専門家」

になるべきではないかと思う。

 または、

   「専門家を評価し、保証する役割」

を誰かが持つのも一案かもしれない。

 そのようにしないと、権威便りの専門家は自滅するのではないかと思う。

2020年8月 2日 (日)

効率的な部分をどの程度とすべきか

 現在の社会の歪みの原因の一つは、一本道の学校教育である。

 「良い大学に入り、大企業に正社員で入る」

この単一価値観で頑張っている。

 この動機付けが成功する場合もある。

 現実に、日本の大企業はそれなりの成果を出し、踏み止まる。

 しかし、この流れからこぼれた人間が、存在する。この人達の救済と、従来型の良いとこの、両面を生かす政策が必要である。

2020年7月27日 (月)

納得というレベルを大切にすべきではないかと思う

 物事を考える時に、全てを理解するレベルが望ましい、というのは正論である。一方、これが出来ない人間は黙っておけ!という発想が見え隠れする。

 今回のコロナ危機に対しては、色々な専門家が発言している。そのような専門家に対しては、素人が口出ししては、いけないという空気がある。

 実は、この問題に関しては、古くはプラトンが、大著「国会」の中で、

「船の舵取りに対して、本質の見えない素人が口出しする危険性」

と書いている。

 確かに、素人が口出しする危険性はある。しかし、専門家の暴走の危険性もある。そもそも、プラトンの思想は、哲学者の支配であり、権力の独占の危険性がある。

 さて、このような問題に関しては、

「説明を受けて、納得するレベルが、存在する」

という配慮が有効ではないかと思う。

 大衆の納得、これは民主主義の原点だと思う。

2020年7月25日 (土)

コロナ危機がもたらすモノ

 今回の、コロナ危機では、政治の意思決定機構が、ある程度大衆に見えるようになってきた。特に、大阪府の吉村知事の苦悩等が、SNSやマスメディアでも見えるようになってきた。

 この効果は、本当の大衆参加政治を引き起こすだろう。

 医療の現場や、大雨災害後の治水に関しても、本当の大衆参加ができるようにしていけば、この国はもっと強くなるだろう。

 一部の専門家の政治から、全員が納得できる政治に進めるべきである。

2020年7月17日 (金)

専門家の意見が重視される高度の学力社会

 コロナ関連の議論を聞いていると、専門家の意見が強くなったと思う。しかも、極端な話、

  「数式等がそのままメディア公開」

という事態が起こっている。

 これは、現在の日本社会が、

  「ある程度の高度の学力集団」

を含んでいるからだと思う。高学歴と書いていないのは、実際に実力ある人達だから。

 このような人達は、少なくとも数式化した情報である程度納得する。例えば、

  「感染予防策が不十分なら、患者は指数関数で増加」

等で脅威を感じる。

 このような文明の人は、彼等の間でのコミュニケーション効率が高い。例えば、経営状況の議論がMBAの持っている数値で行われるようなものである。

 しかし、一般大衆全ての納得を目指すなら、非効率に見えても

       「その意味」

をわかり易く伝える努力が必要である。

2020年7月 3日 (金)

医療従事者という言葉の力

 今回のコロナ対応で「医療従事者」という言葉が多く聞くようになった。

 医療の話なら、まずは医師そして看護師を考える人が多いのではないか?しかし、入院中の経験は、医療が多くの人によって支えられている。薬剤師や医療事務、栄養士等の食事提供に係わる多くの人達、病室やベッド等の清掃や維持管理、こうした多くの面を見ないといけない。

 そういう意味で、

    医療従事者への尊敬!

という表現はよいと思う。

より以前の記事一覧