ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

2020年11月29日 (日)

日本語の特異性

 先日から、仮名文字に関して色々と考えてきたが、これをもう少し突っ込むと、

「日本語の特異性」

と言う論点で、色々と話ができると解った。

 私が注目したのは、

「象形文字でもなく、
アルファベットのような、
徹底した表音文字でもない
仮名漢字交じり文」

の特徴である。これをメディアの特徴として考えると

「象形文字の多数を記憶した知識人」

「アルファベットから派生した記号体系を使いこなす知的特権階級」

の両者の知的活動の独占を防止している。

 前者の、「象形文字~~」は、古代エジプトの神官や、中国の科挙合格者のように、

「多数の文字を記憶しない限り文字を使いこなせない」

と言う独占状況を示している。中国や韓国では、科挙合格者とそれ以外に大きなギャップがある。

 一方、アルファベットを使った古代ギリシャ文明に始まる西洋文明は、

「文字記憶の壁は大衆化したが、論理的思考は哲学者の独占」

と言うもう一つの壁ができている。プラトンの哲人政治や、今でも残る「高学歴者の独占」が、論理的思考法の壁を示している。

 さてここで日本語をメディア論的に考えてみよう。象形文字の子孫である漢字が残っているので、直観的なイメージが文字に残っている。しかも漢字には『訓読み』を行うことで、母国語としての機能をきちんと保持している。一方、漢字を覚えることが難しければ、表音文字としての仮名を使って随時表現できる。このような日本語の論理思考には、直観的なイメージを用いた思考法が生きてくる。例えば幾何学の例で考えれば

「点と線で描く図形」

と言ったイメージが浮かび、それを頭の中で、動かし重ねたり、回転させたり、縮小拡大したりする。このよう直観的な脳内作業での証明や議論ができる。これ学問の大衆化にもつながっている。しっかりした、公理や定義での上での幾何学議論は、数学の専門家には必要だろう。しかし、

直観的な議論での納得

は、知的議論の大衆化には必要だと思う。このために、日本語の果たした役割は大きい。 

2020年11月27日 (金)

五十音図が先か仮名文字が先か?

 前に書いた、仮名文字に関する議論で、もう一つ思いついたことがある。それは、

仮名文字が先か?五十音図が先か?

と言う問題である。普通は、

「漢字しか文字がなかった時代に、その当時の発音を万葉仮名で記述した。それを簡略化して仮名文字が生まれた。」
さらに
「その後、仮名文字を整理する形で、いろは歌や五十音図が生まれた。」

と言う風になっている。

 特に、五十音図はサンスクリット語などの音韻に関する知識がないと、作ることは難しい。そこで、

「いろは歌の空海作は無理があるが、五十音図は空海でないとできないのではないか」

と言う説はかなり説得力がある。確かに、カ行~ワ行までの子音と母音のきちんとした組み合わせは、サンスクリットやアルファベットの表音文字の知識なしで、ここまでの整理は難しいと思う。

 なお、少し脱線するが、ハングル文字も表音文字として、母音と子音の組み合わせを文字のルールとして表現した、完成度の高い物となっている。一部の文書にでる、『日本の古代文字』と称する文字には、ハングルのような母音と子音の組み合わせが見える。これは、ハングルなどの模範例なしで、作れるとは思えないので、江戸時代に誰かが作ったと想定するのが妥当ではないかと思う。

 さて、ここで本題に戻るが、私が仮名文字に関して、今一度問いたいのは以下の問題である。

「日本語の母音と子音は誰が決めたのか?」

もう少し具体的に言うと

「母音が『あいうえお』だけに絞られ、子音も現在の形に絞ったのは誰か?」
例えば
「ハ行にFの発音が入らずHの発音になったのは何故か?」

と言う疑問である。私の感触では

「仮名文字の存在で、発音の自由さが制限されている」
つまり
「五十音の発音しかできなくなっている」

状況があると思う。現在は学校教育の普及で、発音が制限されるのは当然である。しかし、万葉仮名の時代にこのような発音の制限があったのだろうか?

 一つの大胆な仮説は、

「飛鳥時代に日本に移ってきた、渡来人の中に、梵字の知識のある僧侶がいた。彼らがその知識を使って、私たちの先祖の言葉を整理し、五十音的な形にまとめ上げ、その上で万葉仮名の音韻の当て字を作っていった。」

と言う発想である。学問的な検証に値するかは別として、一つの考えとしてみてほしい。

2020年11月24日 (火)

仮名文字の不思議

 空海の『吽字義』などを読んでいると、梵字についてもう少し考えたくなった。梵字、つまりサンスクリット語について、少し学んだだけでも、表音文字として、きちんとした構造ができていることが解る。母音と子音等の『音の組み合わせのルール』が、文字の上でもきちんと表現されている。

 これを見ると、

「表音文字とはどうあるべきか」

がよくわかる。マクルハーンが、

「アルファベットの発明はメディアの大改革の一つ」

と言ったのも解るような気がする。

 さて、ここで一つの疑問が出てきた。私たちは、

「仮名文字は表音文字」

と思っている。しかし本当にそうだろうか?一つの実験事例がある。録音装置で

「あかいとり」

と記録し逆回ししたらどのように聞こえるだろう。表音文字なら文字を逆に読み

「りといかあ」

となるはずである。しかし実際は

「いろちあか」

と言う風に聞こえる。これはローマ字で表現するとよくわかる。

akaitori → irotiaka

と言う風に、ローマ字表現の逆転がきこえる。これでも解るように本当の表音文字なら

「子音を独立して扱えないと行けない」
もう少し言えば
「音に忠実に記述して、その組み合わせルールを明確にする」

が必要がある。

 これを考えると、仮名文字という物は、表音文字と言えるのか、怪しくなってくる。

 今これを書きながら考えた仮説は、日本に仏教を伝えた人たちが、お経の陀羅尼の部分の

「梵字に対する当て字としての漢字」

「当時の日本語の発音を五十音図的に整理」
した結果として
「仮名文字が生まれた」

のではないだろうか。

2020年11月19日 (木)

学者の戦争への関与について

 昨日書いた記事の主旨は、

「じっくり検討して考える力と、現状に応じて機敏に修正する力は別」

であった。その中で、

「アメリカの科学技術に対して、日本人は個人技で対応したから比較的修正が上手」

と書いた。しかしながら、修正できずに泥沼に陥った例がある。それは、太平洋戦争における日本人の対応である。第二次大戦における、日本の戦争責任は、公式発表では

「軍部の暴走に国民がだまされた」
「学者達もいやいや協力した」

と言うことになっている。しかし、これは真実の姿であろうか?ここで、私が『太平洋戦争』と言う表現を使ったことに、注意してほしい。その場では、真珠湾攻撃、マレー沖海戦、そしてシンガポール陥落と、開戦後の数ヶ月の戦勝気分に、全国民が酔っていた。このことを忘れてはいけない。その中では、

「東条英機の弱腰を叩く」

世論すらあった。

 そのような空気に押されて、一部の学者には、『日本民族の優秀性』等の議論を展開し、『戦争協力』を行った人もいる。

 さて、ここで、最初の主題に戻るが

「学者が発表する物は、きちんとした検討が必要である」
従って
「気軽に修正できない」

と言う側面がある。これを考えると、最初の数ヶ月の戦勝気分に酔って、書いてしまった議論が、引っ込みがつかなくなって、最後まで一人歩きしたことは十分起こりうることである。

 学者が、全て

「軍部の脅迫に屈して不本意な意見を発表した」

訳では無いと思う。なお、軍人達には

「戦後の復興のために学者をかばい、自分たちが罪を負った」

人たちもいることも考えるべきだろう。 

2020年11月17日 (火)

アメリカ人の教育政策の失敗について

 昨日書いた、アメリカ人の「科学的思考」教育の失敗に関して、今回は数学教育の事例、特に幾何学で考えてみた。

 日本の幾何学教育も色々と迷走したが、教え方には以下のステップを踏むことが有効とされている。

  1. 小学校高学年か中学の間に、定規とコンパスでの作図とその重ね合わせで「同じ」という感覚を得る
  2. 三角形の合同と言う概念を学び、定規とコンパスから離れて抽象化して考えるようにする
  3. 抽象化した考えを組み合わせて証明ができるようにする
  4. 高校ぐらいでユークリッドの公理系からの展開を学ぶ
    ただし、点や線のイメージの助けを借りた推論
  5. 大学で数学の専門家は、完全な抽象体験としてのヒルベルトの幾何学を学ぶ
    ここでは「点」「線」についても、特定の公理を満たす抽象的存在でしかない

しかしながら、効率的な教育と言う観点からすれば、ユークリッドの幾何学や、定規とコンパスの作図は、無駄な時間を費やしていると判断される。確かに、一部の有能な人材は、きちんとした公理系からの議論ができるだろう。このような人材には、

「無駄なモノを教え時間を浪費しない」

と言う発想はある。しかしながら、

「多くの生徒に納得させるためには、定規とコンパスなどの手順を踏むことが大切」 

と言う、教育現場の経験則もある。日本の数学教育においては、ある程度湖のような現場の声も届いている。逆に言えば、フィールズ賞受賞学者が、大衆向けの教育を行い、

「一般向けに教えるためには段階を踏むことが大切」

と発言している。

 しかし、「すべててのアメリカ人のための科学」を見ると、どうもいきなり「ヒルベルト幾何学」の高みに行こうとしているように見える。アメリカでは、有能な人材は時間を無駄にせずに若くして大学に入っていく。

「そのような有能な人材が考える施策」

には、無駄を省く教育になっていく。しかしそれに大衆がついて行くかは別である。これが一つの失敗要因ではないかと思う。 

2020年11月16日 (月)

アメリカの「科学的思考法」の挫折について

 私は、このブログで昔「全てのアメリカ人のための科学」について、かなり前向きに評価した記事を書いてしまった。

http://manabizz.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/3-1c91.html

しかしながら、このプロジェクトは実行できなかった。この理由は、

「現在の『科学的思考法』で本当に社会を良くすることができるのか?」
つまり
「科学の力で、プラトンの『哲人政治』を実現できるか?」

と、

「理想的なモノと実現のギャップを超えることができるか?」

という二組の問題が解決できなかったからである。これに加えて、もう一つの要因として、

「アメリカの強力な敵対者である、ソ連の崩壊」

と言う条件も、考えないと行けない。ソ連の崩壊がアメリカの教育に影響する理由の一つは、

「競争相手の消滅による、モチベーション低下」

と言う側面がある。競争による動機付けは有効である。もし相手がいないと、自分で目標設定し管理しないといけない。これを実行できる人間は少ない。

 しかし、もう一歩踏み込むと、

「戦争中の政治決断は、一部の犠牲を無視する、平均知的発想が使える」

と言う状況がある。これはもう少し具体的に考えてみる。現在のコロナ対応を、ウイルスとの戦争と考えてみよう。

「コロナウイルスにより、一日一千人が死んでいる。その状況では、副作用のある薬でも効果があれば使う必要がある」
例えば
「薬の副作用で1%の人間に悪影響が出ても、残り99%が救われるなら使う」

と言うのが、緊急事態の発想である。

「薬を使ったら、九百九十人が救われるが、副作用で十人が死ぬ」
しかし
「放置したら千人全員が死ぬ」

と言う状況は、戦争事態のリーダなら、躊躇無く決断する。このようなときは、統計的処理で、平均値や多数派を評価し、それらに対する施策を優先し実行することになる。

 これが平和なときなら

「副作用を受けた人の人権はどうなる」

と大きな声でわめく人が出てくる。このような多様性に向き合うのは、平和なときには大事なことである。私たち日本人は、このような平和なときの政治になれてしまっている。この特性をしっかり理解しておく必要がある。

2020年11月 8日 (日)

コロナ時代の新人研修について

 日経ビジネスの最新号が、「コロナ後の新人」と言う特集をしていた。

https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/mokuji/00094/?i_cid=nbpnb_sfrec

 この中でも、新人研修のあり方の議論がある。

  https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/special/00650/
  https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/special/00652/
  https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/special/00653/

私は、某電機メーカーで研修関係の仕事を、15年ほどしてきた。その時に悩んだ問題が、

「新人をどこまで枠にはめるか」

である。もう少し解説すると、

「個人の独創性を壊してはいけない」
しかし
「社会の約束事を守らない人間は、他人に受け入れられない」
そのためには
「ある程度の枠への当てはめは必要である」

と言うジレンマである。

 これをもう少し具体的に言うと、

「能力のある個性は伸ばしたい」
しかし
「それが、あまりにも周囲とぶつかり、壊れることは避けたい」

と言うのが一つの悩みである。もう一つは、

「それほどの力が無いのに、自分の独自性があると思い込んでいる人在の扱い」

である。またこの逆に

「自分の力に自信を持てない人財」

の問題もある。よくあることだが、『人罪』向けに言った言葉が『人財』にだけ響くと言うことが多くある。そこで、『人財』が萎縮し、『人罪』がのさばる。このような事態もある。研修の難しさは、このような社員の全体像を見た上で、個別の対応を考える必要がある点だと思う。

2020年11月 6日 (金)

帰納的に考えるために

 論理的な思考法には、自明な公理から推論を展開する演繹的思考法と、経験を一般化する帰納的な思考法がある。しかしながら、両者には以下の欠陥がある。、例えば、万有引力の法則から、地球を含む惑星の公転について知るのが演繹的思考法である。一方、木からリンゴの落ちるのを見て、他のモノも落ちると言うことを考えるのが帰納的思考法である。

  • 演繹的思考法には公理の範囲から推論できるだけしか解らない
  • 帰納的思考法には誤りの可能性がある

今回は、帰納的思考法の欠点と、その対策について考えてみた。帰納的思考法の欠点は

「柳の下に二匹目のドジョウはいない」

と言う言葉が示すように、一つの事例を一般化しすぎる失敗である。言い換えると

「個別事例をどこまで一般化できるか解らない」

と言うのが、帰納的思考法の欠点である。

 このような帰納的思考法の欠点は、どのようにして防止することができるのだろう。

 私の提案は、

からくりの再構築

である。つまり、経験的に見たモノを、実現させる機能や機構を、思考の上で再構築してみる。これは

「与えられたモノを受け入れるだけではなく、積極的に自分で作ろうとする」

姿勢で学ぶと言うことである。

 こうした経験から、

「今見ている現象を実現させるからくりが見える」

状況になれば、どこまで一般化して善いか、限界も見えてくるだろう。

 学ぶことにおいて、積極性が重要である。

2020年11月 1日 (日)

「辺境」の意味について

 日経ビジネスの最新号に、「イノベーションは辺境で起こる」と言う記事が載っていた。この記事の主旨とは少しずれるが、私は

日本という国は中華文明の辺境の地

と言う発想がある。これは地勢的なもので、

「東の果ての島国」

と言う立場は、『辺境』とならざるを得ない。さて、この辺境のメリットを考えてみた。私の考えでは、辺境のメリットは

「文明の伝達が遅れる」
この遅延は
「完成度の高いモノを選んで受け入れることができる」

である。つまり、中華文明の色々なモノが、ある程度完成してから伝わってくる。従って

「全体像を見ながら、自分たちに合わせて、取り入れることができる」
「失敗作に巻き込まれることが少ない」

と言う利点がある。日本が外国の文明を受け入れる場合には、

完成度の高いモノを鑑賞し、その上で自分たちによいように消化しながら取り入れる。

と言う悪知恵が働いているように思う。これは、

「自分で苦労して開拓してモノでなく、成果をただ乗りしている」

と言う批判を受ける面もある。しかし、実用化するにはそれなりの苦労もある。こうした面も評価していくことも大切ではないかと思う。

 なお、現在は文明の流入が高速化している。これでは、失敗が淘汰されるまでに、新しいモノに飛びついていく可能性が出てきた。このような状況は、上述の辺境のメリットを無くしてしまう。

2020年10月28日 (水)

『言行一致』についてもう一度見直し

 このブログでは、何回か『言行一致』について議論している。例えば

 http://manabizz.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-46cb.html

 http://manabizz.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-d308c3.html

 しかしながら、今回はこの問題に新たな見通しが立ったので、もう少し議論を進めたい。まずは、言行一致でのトラブルを考えて見よう。一つは

「人間の多様性を無視し自分の信じている姿を押しつける」

というある種の『学問カルト』的な対応になる人がいる。特に、理論的成果の完成度が高いときに、このような現象が起こる。また別の見方をすれば、

「自力で創りだした人なら、その限界が見えている。しかし与えられたモノなら、それを全てと思い込む。」

と言う問題がある。このような状況で『空気』が発生すると、歯止めがなくなり暴走するのは、第二次大戦中の日本が経験したことである。

 ここで、

「与えられた民主主義」
「与えられた学問の自由」

と言う今までの議論と重ね合わせてみよう。

 この状況での言行一致は、危険性がある。特に

「建て前と本音の区別」

を考言行一致だけを墨守する危険性は大きい。

 先日書いた、山本七平が、

「沖縄の米軍核兵器に関する国会答弁」

「勧進帳の芝居のようだ」

と揶揄した話があるが、この後ろの本音である

「アメリカに対する、日本世論の力での歯止め効果」

が私たちの理解から消えている。しかし、五十五年体制の政治状況で、国益のために綱渡りの芝居をした、先人たちの苦労に敬意を忘れてはいけない。

 言行一致を信じすぎて、理想世界しか視野にない人間が、リーダーとなれば、その世界は怖い物となるだろう。

より以前の記事一覧