ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

2020年10月30日 (金)

人間はどこまで『悪人』となるのか

 昨日書いた戦後の日本人の対応について、現代人の感覚からすれば

「戦争の責任を感じないのはおかしい!」

と言う人が多いと思う。

 このような、道徳に関しての感覚は、時代の流れで大きく変わることは、私のような年寄りは色々と経験している。何度もこのブログで書いたが

「朝鮮民主主義人民共和国は理想の国、拉致などはアメリカ銀地主義のでっち上げ」

叫んでいた『良識派』が多数存在した。その人たちの多くは、自分たちがしたことの口を拭い、

「北朝鮮の人権侵害を許すな」

と叫んでいる。

 このような変節が、自然にできるのである。

 こうして考えてくると、

「人間の主義主張の一貫性などは、怪しいモノである。」

という感じがしてくる。

 もう少し言えば、

「人間は弱い面があり、それまでの主張を飼えたり、裏切ったりする」

と言う可能性に向き合わないと行けない。

 教科書通りの、『道徳的人材』だけの世界ではない。人間には多様な面がある。これに向き合う必要がある。チェスタトンのブラウン神父が、

「どのような悪人の心も理解したい」

と言った話を真剣に考えないと行けないと思う。

 

2020年10月16日 (金)

日本の文系学問が何故弱いのか?

 このブログで前に書いた、軍事研究と文系学問の話が、現在の学術会議論争と関連して、色々と話題になっている。

 そこで、今回は、

何故日本の文系の学問が実用的でないのか?

と言う議論をしてみたいと思う。この議論の基本アイデアは、高根著「創造の方法学:講談社現代新書」に書いてあった話が土台になっている。

 この本でマックス・ヴェーバーの代表的な著書、「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」についての議論が、日本の学者とアメリカの学者で根本的に違うと言っている。

日本の学者は、XXの何ページにどのような記述がある・・・これを正確に言う

アメリカの学者は、ヴェーバーの発想を、日本の資本主義発生に適用できないか議論する

この違いは大きいと思う。ある本を読んでも、その内容を一字一句記憶してなぞるのではなく、根本的なアイデアまで踏み込みそれを別の形で展開する。ここまでやって本当に、その本を読んだと言えるだろう。

 なお、高根の本では

日本の資本主義を助けたのは
「勤勉を善とする」石田心学の影響

と言う議論を紹介している。

 私はこの議論は踏み込みが弱いと思う。ヴェーバーの『プロ倫』に対抗するなら、

「キリスト教のカルバン主義には、最後の審判で救われるという恐怖から、仕事をすることで自分の善ある面を信じようとした」
と言うヴェーバーの主張に対し
「日本の大乗仏教には、天台の本覚思想で全てが救われると言う発想が根底にある。その現れとして
『口に念仏の意ずる時は神仏のご催促』
という神仏と一体になって自分お救いを信じ、安心して仕事に励む国民性がある。

と言うぐらいの議論を展開してほしいと思う。

 ヴェーバーの著書の、一字一句で議論しているなら、実用性は乏しいと言われても仕方ないと思う。

2020年10月 5日 (月)

反・『反ポピュリズム』 黒幕政治から大衆参加の民主政治へ

 昔買っていた、新潮新書『反ポピュリズム』を読んだ。著者は、読売新聞の主筆であった渡邉恒雄で、見識はあるが好きには成れない人物である。

 

 前に読んだときに反発を感じたが、今回その反発内容が見えてきた。つまり

『知識人の独占政治』または『黒幕政治』

『大衆参加の政治』つまり『大衆の納得理解の政治』

の対立である。

 この本でも、橋下徹を意識しているが、橋下氏は大衆参加に関して大事なことを言っている。

専門家が、法的根拠等について、厳密に論理を添加し手いくことは重要である。
しかしながら
「大衆が、何か納得できない」
と言う不満も大切にしないといけない。

これは、弁護士である橋下徹の経験が言わせたモノであろう。つまり、

「弁護士の立場で法廷で争うときには、きちんと法廷の論理で議論する。」
しかし
「一般人の納得できない法廷テクニック的なモノへの反発は大事にしないといけない」

と言う問題である。これは、光市の殺人事件裁判の懲戒問題の時に、彼が板挟みになった状況からも見える。

  • 弁護士としての法廷テクニックとしての裁判引き延ばしは仕方ない
  • 被害者家族が傍聴に来たのに無駄足させた大衆の怒りも解る

つまり、専門家の事情が大衆の支持を受けなくなったときの怖さを彼は知ったと思う。これが維新の

「ふわっとした民意を大事にする」

と言う姿勢につながっていると思う。

 一方、渡邉恒雄の行動は、黒幕政治そのものであり、自民党の実力者を通じて、竹中改革を潰したり、大連立を仕掛けたりしている。

 このような、一部の人間だけの密室政治が、現在は成立しなくなってきていると思う。

 なお、大衆参加に関しては、多くの手間とコストがかかる。これに関しては長くなるので、別の議論としたい。(続く)

  http://manabizz.cocolog-nifty.com/blog/2020/10/post-b51c58.html

 

2020年9月21日 (月)

大坂なおみの苦しみを理解するためには

 アメリカで活躍している、テニスプレイヤーの大坂なおみが、アメリカの人種差別による被害者の名前をマスクに書いて、戦っていた。

https://naomiosaka.com/special/

 私たちが、彼女の背負っている物を理解するためには、アメリカの奴隷制度の歴史を知らないと行けない。例えば、マークトウェインの「まぬけウイルソンの悲劇」を読んだら、アメリカの奴隷制度で、『黒人』と判定された人たちの人権が蹂躙されていたか解るだろう。

 

更に踏み込めば、西洋文明における奴隷制度の位置づけも、知っておくと理解が深まる。古代ギリシャの時代から『民主制度』があったと言うが、その『民主制度』は、『奴隷制度』の上に成立していた。これを理解していないと、西洋文明の支配者と支配される人間の関係が見えてこない。

 また別の面から考えると、進化論等の『科学的思考』も、『人種差別の理論的根拠』として使われていた。

 西洋文明の、人種差別は『科学的根拠』というカルト的な信仰の上で、成立していた。

 このような歴史を踏まえた上で、大坂なおみの悲痛な声に向き合うべきだと思う。

2020年9月11日 (金)

学力崩壊と社会の分断は関連しているのではないか

 少し古いが、中公新書クラレの「論争・学力崩壊」を読んだ。色々と気づきがあったので忘れないうちに書いておく。

 この本でも指摘しているが、

「日本の高度成長を支えたのは、中流階層の知的な力による」

という観点は、私もメーカーにいた立場で納得する。QCサークル活動など、現場力として色々な人が貢献していた。

 しかし、現在の学力崩壊は、そのような「一般教養」が危うくなっている。この理由は

  1. 教える側の問題としての時間削減
  2. 教わる側の問題としての意欲低下

の両面がある。

 さて、私が注目するのは、教わる側の意欲低下についてである。ここでもう一歩深掘りすると

「高度成長時代ぐらいまでは、一般人の参加の余地があった」

という感触がある。しかし、いつの間にか

「専門家の社会に口出しするな」

という空気が生まれた感じがする。このような

「専門家と素人の分断」

から、

「素人は学問しても発言できない」
「学問の価値がない」

という流れになったのではないかと思う。

 この流れをもう少し見ると、

「昔は、素人に解る直観的説明を大事にしていた」
  例えば、定規とコンパスの幾何学
「現在は、専門家の厳密な議論法を重視いている」
  ヒルベルトの公理系による幾何学

という風に、

「専門家の学問を重視し、一般人の直観的理解を排除する方向へ、教育が向かったため学問の分断を生んだ」

という仮説である。

 専門家の地位は、それなりの評価が必要だろうが、一般の理解という裾野を軽視していると、学問自体の存続が危なくなると思う。

2020年8月24日 (月)

日本社会の課題

 前に書いた小熊英二の「日本社会の仕組み」の終わりに大事な問題提起がある。

一人のシングルマザーが、

「つい先頃入った,高校生のバイトの子と、自分の給与がほとんど違わない」

という不満をもった

これに対して、小熊は3通りの解決案を提示している。

  1. 生活を維持できるレベルの給与を支払う雇用にすべきである
  2. 「同一労働、同一賃金の原則」からして、同じ仕事なら給与は変わらない。不満があるなら、資格取得や学位取得でキャリアアップすべきである。
  3. この問題は、社会としての生活保障として考えるべき事である

私は、この問題に関しては、色々な切り口があると思う。

 まず、この問題に関して、訴えてきた人の不満には、二つの側面がある。これを混同してはいけない。

  1. 生活苦の側面
  2. スキル評価がされていない側面

これをもう少し突っ込むと、まず生活苦という面では、「シングルマザーの子育て」のために必要な、金銭収入確保ができているか、という議論である。これは、小熊も指摘している、「大企業文明の給与には、生活保持の側面」があった。しかし、パート労働者などにはその配慮がないという問題である。言い換えると、

「給与だけで生活できる社会になっていない」

という問題である。

 一方、もう一つ別に、働く人のプライドというか、動機付けの問題がある。

「つい先ほど入った子と、同じ評価が腹が立つ」
つまり
「スキルの蓄積などが評価されていない」

という不満である。これをもう一歩踏み込むと

「人間として尊厳を持って扱われていない」

という不満になる。

 この両面を考えて、議論すべきではないかと思う。

 なお、私は上記解決案の2.の姿勢には、強く反対する。この点については、長くなるので別途議論したいが、日本教の根本思想である、皆が平等という発想と、アメリカなど奴隷社会の伝統のある、支配/被支配文明に対して、根本的な反発が根底にある。

2020年8月21日 (金)

「歴史の作法」から気になる部分の抜粋 その6 危機対応の教訓としての歴史

 「歴史を生かす」という発想では、危機対応の教訓になる、直接的な先例を求める場合と、もう少し一般的に考えて、今までの歴史から一般的な教訓を引き出そうという発想がある。「歴史の作法」の第三章「危機における歴史」の第一節は

慈円の「道理」、マルクスの「法則」、愛山の「マコト」

で始まっている。

社会秩序が音をたてるように崩れ去る様を見た慈円らの貴族は、

「急激に変化する政治的な状況を追認し、その変化に遅れないように懸命の努力を続けた」

「彼らは世の中の動きに目を配り、世の中を動かしている力が何であるかを考え、時代の行方を読み取ろうとした」 p118

もちろん、歴史の変動をヘーゲルやマルクスのように歴史的必然性という名の「法則」から説明する人が今でもいます。 p118

日本人の読者のなかには、マルクスのいう意味での「法則」よりも、歴史で事件が起こる「道理」が時代とともに移り変わるという慈円の説に感覚としてひかれる人も多いでしょう。歴史でせいぜい成り立つ因果関係は、整然とした「法則」というよりも、相関社会学者村上泰亮のいう「亜法則」や「傾向束」(いくつかの可能な傾向の束)のような緩い傾向性なのかも知れません。もう少し古い例でいえば、これは山路愛山の「マコト」とも通じるものがあるといえましょう。 p119

ここで、山路愛山の「マコト」をきちんと理解することは大切だと思う。

「マコト」とは、「此国民が如何に成長し、如何に発達したるかという云う大躰の事」についての観察であり。それは歴史と社会に内在する「国家発達の法則」なのでした。それは「人心の帰一」という「原則」であり「同じ事情と同じ性癖との下には人間は同じ動作に出づるものなりてふ原則」にほかなりませn。そこで、愛山のいう「マコト」は。時代と場所が違う場合にも共通して現れる人間の行動や事象の「類型」やそれと結合した形を取る「パターン」といってもよいのです。 p119~p120

 さて、本題に戻って、危機対応の役に立つ歴史書は、

  1. 北畠親房「神皇正統記」
  2. 新井白石「読史余論」
  3. 伊達千広「大勢三転考」

歴史の転機と時代区分を説いた先達の古典的書物に直接あたってはどうだろうか。いずれも古い時代から新しい時代への転換と過渡期の歴史構造を理解しようとした本であり、その〈時代精神〉から現代人が学ぶべきものは多い。 p120~p121

である。

 歴史家の任務は

「歴史家も歴史哲学者も、歴史的事件の原因や、これを支配する法則を発見し、これによって人類の過去の経験を組織立てようとする試みに没頭」

「現在でも、歴史家に問われるのは、複雑な事件の連鎖を分かりやすく総合的に解ける脂質であり、生き生きとした叙述を通して事件を物語的な連関の中で表現できる能力」

である。

 歴史家と原因の探求に関して、E.H.カーの指摘が鋭い。

原因が歴史の過程に対する歴史家の解釈を決定すると同時に、歴史家の解釈が原因の選択と整理を決定する。

合理的原因と偶然的原因の区別

他の時代や条件にも適用されることで「有効な一般化」を生み出し、われわれに理解力や深さを与えてくれるのが合理的原因、

一般化できない特殊なものが偶発的原因      p154~p156

但し、ある価値判断で正確にこれを切り分けることは難しいものがある。

「歴史の作法」から気になる部分の抜粋 その5 科学と文学

 「歴史の作法」の著者、山内昌之の意見は

歴史学において芸術と科学が整然と区別されるものではない p75

歴史と文学には、大きな共通点があるように思えます。

それは、自然への愛や人間の可能性に対する信頼だと言ってもよいかもしれません。

実際に、歴史と文学は、〈叙述〉という表現手法が重視される点でも似通っているというのが私の考えです。 p76

が基本にある。

 一方、彼の科学に対する見方は、

「法則」を科学性の根拠にする歴史学者たちもいます p76

すべての学問を自然科学と文化科学に区分したドイツの新カント学派の主張は、いまだに私たちに興味深い論点を示してくれます。

自然科学は一般法則の解明を目的としており「法則定立的」な作業を果たします。それに対して「文化科学」としての歴史学は一回限りの個性的な出来事を理解する「個性記述的」な作業に自己限定すべきだというのです。 p78

という、観点もあります。

 彼の主張は

  1. 原因の探求という〈科学性〉は歴史学の大本
  2. 〈科学性〉と〈文学性〉を結びつけた歴史は、叙述や物語の重視と矛盾しない
  3. 現代の歴史学に必要なのは、叙述的な歴史学を復権させ、科学的な歴史学を豊かにする

つまり

  歴史とは、理解することなのであり、それは言葉を使って書かれるものである

という、表現を重視してる歴史学を考えている。

 さて、人物描写を重視する歴史についても、色々と記述がある。

(明治の在野の学者)田口卯吉は『北条政子』といった作品のように「輪切躰」と呼ばれる歴史叙述のスタイルを取り入れています。それは、ある人物を対象に定めて、そこから同時代の社会一般の事情を論じながら、政治や文学などの事象を観察するスタイルを指します。人物評伝に託してその社会事情を歴史論として記すものといってよいでしょう。

卯吉は、歴史が扱う社会という有機体には、有形部分と無形部分(思想・文学・宗教など)の両面があって、それが一体になっている以上、二つの連関に留意すべきだと考えました。しかし、有形無形の関係を追いながら古来からの沿革を描くのは非常にむずかしいこともあって、一人の人物を中心に論を展開させたのでしょう。 p99~p100

こうしてみれば、事件や人物について、歴史を貫く大きな論理と調和させながら、生気あふれる筆致で巧みに描いた点こそマコリーと竹越三叉の本領だったといえるでしょう。 p101~p102

強調しているのは、

「歴史が学として成立する上で重要な条件が想像力と構想力にある」

「現在の歴史学でいちばん大事なのは、集団を支配しがちなイデオロギーから離れて個人の表現者としての想像力を豊かにし、多様な世界の人間的自由と個人的自発性を開花させる見方を歴史からくみとる点にあるのかもしれません。」

「歴史の読者にも、外に現れた形跡から隠されている真実を慎重に探し出すことも必要とされるのかもしれません。」

という、想像力の重視である。

2020年8月20日 (木)

「歴史の作法」から気になる部分の抜粋 その4 史記

 歴史書として、『史記』の価値は誰もが認めるだろう。『史記』の理解は、中華文明自体にもつながってくる。例えば

古代中国の人びとが、歴史を「神の意志」、総じて超越的な存在の意志発露したものと考えた事実がよくわかります。 p46~p47

は基本でしょう。次に司馬遷の姿勢です。

司馬遷にとって『史記』は「単に昔からの事実を羅列したのではない」のであり「編纂の微妙なる意味、論談」に特色を出した

その間に「古今を通じた沿革上の真理」を得ようとした。

「自分(=司馬遷)は事によって直書し、その間に自然に善悪を表し、又自然に褒貶を表すという意味で書いたのであるから、春秋の精神は取ったが、形は一変したのである」     

ここまでp48

こうした、「応報の哲学」による「倫理的啓蒙的性格」が『史記』にあるが、現実の歴史はそこまで甘くない。

『史記』が倫理的批判の書であると言う真の意味は、単に表面的な善悪の基準によって歴史を批判したものという意味に解してはならない。それは、人間世界の秩序を成立させる根本原理からの批判という深い意味を持つのである。歴史に対するこのような根本的批判が出てくる根拠は、いうまでもなく、人間世界の運命を問題にする意識にあるだろう。実際に司馬遷は、単純な善悪の基準がそのまま通用するほど、歴史的世界が甘くないことを、身にしみて十分認識していた。 p52~p53

さて、司馬遷から学ぶ歴史家的態度を以下の四ヵ条にまとめている。

  1. 「自由」を強調し、権威や誘惑に負けず自己の信念に沿って生きる人間を描く
  2. 対立の中から新たな統合が生まれるという、弁証法による歴史観
     ただし、起承転結の四段弁証法で、時間をおいて転に出会い対立が生まれ、そこから結が生じる
  3. 歴史認識において理想と現実が不断に往復する
  4. 経済と理財の感覚

こうした歴史を見る目は、現在社会でますます必要になってくる。

2020年8月18日 (火)

「歴史の作法」から気になる部分の抜粋 その2

 昨日の続きで、「歴史の作法」から、興味を引いた部分を場推しておく。

 まず本日の一番大事な話は、古代ギリシャの哲学者の歴史学認識である。

アリストテレス(前384~前322)は、ヘロドトスを念頭に置きながら、「詩作は歴史にくらべてより哲学的であり、より深い意義を持つ」と語りました。この指摘は、普遍的なことを語る詩、ひいては経験的事実から普遍的判断を引き出す哲学こそ、個別的なことを語り「経験的事実の収集に過ぎぬ」歴史よりも有用だという信念を吐露したものと理解されます。 p34

つまり、詩は「ありそうな、あるいは必然的な」出来事を描くのに、歴史は現実に起こった個別的な出来事を描くに過ぎない。 p35

これに対する歴史家からの反論は、以下のように史料批判にこだわる。

内面的には、歴史は思索であり、真理の探究であり、存在物そのものやその起源の詳細な説明であり、また諸事件の様態とその原因に関する深い知識である。 p36

一方、史料批判の弱い研究者には厳しい意見がある。

彼らは真相の追求に務めることが少なく、史料批判の目も概して弱い。また誤謬と憶測が歴史的報告と同居している。

真実とは、何人もその権威に立ち向かうことのできないものであり、虚偽の悪には、思索の光輝が投げつけられる。 p37

加えて、洞察力の話がある。

報告者は、ただ情報を述べて書き取らせ、伝えるだけである。そうした資料を見るさい、そこから隠れた真実を選び出すには、洞察力が必要であり、またその洞察力を用いて数々の真実を明るみに出し、それを正しい一つの書物に磨き上げるには、知識が必要である。 p38

つまり、知識・洞察力と実証性、これがきちんと働くことが、本当の歴史家という議論である。このような、歴史の記述は現実の問題解決に役立つ、というのは吉田松陰の意見であり、我々が生かすべきことだと思う。

 まだ書き足りないが、「史記」の話は長くなるのでとりあえず、一区切り。

より以前の記事一覧