ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

2021年3月 2日 (火)

今回の接待疑惑に関して

 総理の息子の絡む、接待疑惑で、一人あたり7万円の食事と言う違法行為で、内閣広報官が辞職する事態になった。この話は、辞職した内閣広報官が『女性』であったので、

「山田広報官は菅内閣の強権政治の犠牲者」

と言う論調で、一部野党が叫んでいる。

 しかし、今回の接待内容を見ても、どうも直接的な許認可の、利益供与には至らない感じがする。接待の目的は

単なる情報収集

であり、出席した官僚も

気軽に愚痴をこぼせる場

という感じで参加していたように思う。

 私は、志ある有能な官僚には、レスペクトすべきだと思う。しかし、今回の山田広報官の動きを見ると、

調整が上手い

と言うレベルであり、これを大事にするかというと、一寸違う感じがする。

 本当に大事にすべきは、

長期ビジョンと大局観を持って政策を実行する官僚

ではないかと思う。

 このような評価が、ある程度はできる程度に、現在の日本の知的レベルは上がっているように思う。例えば、大阪府のコロナ対策では、保健行政の有能な官僚の働きが見えて、これを大阪府民は評価している。

 これを考えれば、官僚のビジョンを、もっと民衆に見える形で示していくのも善いのでは無いか。

2021年3月 1日 (月)

社会科学に対するAI活用のアイデア

 日経BPで、コトラー教授のマーケティングの話があった。

https://business.nikkei.com/atcl/seminar/20/00041/022200001/

彼の提案するマーケティング5.0は

「機械学習などを活用したモノ」

らしい。

 私は最初これを聞いて

「AIで市場の相関関係を見いだすぐらい」

と甘く見ていた。それなら

「しっかりした仮説を作り検証する力が必要」

なので、人間の力に依存する面が大きい。しかし、Q&Aを聞いていると

「AIで人間の行動モデルを作り市場の動きを見る」

と言う方向が見えた来た。これはとても大きなモノが出てくると思う。

 これで、社会科学においても,シミュレーションによる実験ができる、という可能性が拓かれた。これは、技術の世界で設計支援環境に組み込まれたシミュレーションのように、市場検討などでもシミュレーションの可能性を拓くモノである。

 従来も、「囚人のジレンマ問題」をコンピュータシミュレーションで解いた事例はあった。しかしそれは、専用ソフトでの対応である。現在のAI技術なら、汎用的な

「市場行動シミュレータ」

としての人間モデルができるだろう。更に言えば、コンピュータ将棋で行っているように、人間モデルが自動的に機械学習で成長することも可能になる。

 ここまで考えると、社会科学のシミュレーション的実験が、手軽に行えるようになると思う。

2021年2月28日 (日)

格差は乗り越えたが・・・

 東洋経済オンラインに「東大生の中の格差」の記事があった。

貧乏東大生が見た「金持ち東大生」との残酷格差 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 (toyokeizai.net)

 私は、東大生では無い(私の年は東大入試は無かった!)が、旧帝大で、ここに書いている様な状況は、経験している。まず経済面では、生活水準の違いを経験し他。例えば学食の安いどんぶりに対して

「お前が上手そうに食べているのを見て、一度食ったがこんなにまずいとは思わなかった」

と同級生に言われた。彼らは、生協のグリルでランチを食べていた。私にとっては、昼食を百円以下で抑えること外気のこりの手段であった。

 さらに、学問の世界でも、何人かの学生は、数式の展開を当然としてみている。私はその関係を理解しようとするが、ついて行けない。一方、参考書も効果で手が出ない。一般力学の講義は、ランダウの教科書が種本とはわかっているが、翻訳された本は高くて買えない。そこで、ロシア語の原本なら安く手に入るので、それを買って勉強したが、理解は難しかった。

 さて、私は親と姉に無理を言って、何とか修士課程まで終了し、その後メーカーに就職した。

 メーカー就職後も、勉強は続けた。特に、自分の金で好きな本が買えたことがうれしかった。

 こうして、基本となる本を色々と読んでいく内に、数学の本質などが見えてきた。なお時代の助けとして、ちくまの学芸文庫に、多くの古典的な教科書が翻訳された事も大きい。前に書いた、ランダウの物理学教科書も、ちくま学芸文庫から出ている。こうして、ランダウの物理学と、ファインマンの物理の教科書の両方を読むと、物理学という物が何となくわかってくる。

 このような経験から、登用経済の『残酷格差』は、少なくとも学問理解の上では乗り越えたと思う。

 しかし、そのために就職後の数十年を費やしたことも事実である。

 この体験から、

「格差は乗り越えられる」

と言い切って、多くの人に強制するのは善いのだろうか?可能性があるが、実行は難しい。

2021年2月22日 (月)

政治に民衆が期待するモノ ソクラテスは何故処刑されたか

 政治に対して、民衆が期待するモノは何だろう?

 例えば、ロシアのプーチン政権は、反対する人を暗殺するなど、色々と悪いことを行っている。いわゆる西側諸国は、これに対して批判しているが、ロシアの民衆にとっては

「ソ連崩壊後の苦しみは困る」

と言う一心で、プーチン強権政治を受け入れている面がある。この問題は、もう少しい言えば

「ソ連崩壊後に、十分な支援を行わなかった、西側諸国の冷たさ」

がある。確かに、共産主義の限界と資本主義の反映を見せることで、旧ソ連に対して民衆は見切りを付けた。しかしながら、ソ連崩壊の後に、資本主義からの支援は少なく、多くの人間が飢えに苦しんだ。このトラウマがある。

 この状況をもう少し一般的な表現にすると、

民衆が求めるのは「まずは生存」であり
「現状より悪くならない」
と言う保証が無いと改革には進めない

となる。これをきちんとりかしていない政治家は

  1. 現状の悪口を言う
  2. 理想論で良い世界の話だけする

等の行動を取るが、これでは多くの大衆の支持を得ることはできない。

 この観点で見ると、自民党の存在理由は

「他の政党に政権を委ねると、もっと悪くなる!」

ではないかと思う。別に自民党が優れているわけでは無い。しかし

「自民党なら現状維持はできる、他はもっと悪くする」

と言う判断で大衆の支持を得ている。だから、大阪で維新が実績を持つと、自民は崩れてしまった。

 これは歴史的に見ても、1955年体制で、米ソ対立の中、アメリカ寄りの自民党とソ連寄りの社会党、そして共産党という選択肢なら、

「自民党ならまし」

と言う選択になり、アメリカの支援を引き出し、戦後の復興を成功させた。

 さて、この観点でプラトンの『国家』を読んでみると、

「真実を見抜く『哲学者』に国の舵取りを任せろ」

と書いているが、本当に今より良くなるという革新は持てなかった。そういう意味では、

「ソクラテスは、若者に、現状の不満と不信を、抱かせた」

と言う罪はあると思う。

2021年2月20日 (土)

織田信長について 謀反は明智光秀だけか?

 織田信長について、色々と考えている。一つ目は、

謀反を考えたのは明智光秀だけか?

と言う問題である。言い換えると

本能寺の変が失敗に終わっても次は誰が?

と言う歴史の思考実験である。私の考えでは、

誰かが隙を見いだしたら謀反した

状況だったと思う。それまでも、織田信長は浅井長政に裏切られ、荒木村重の謀反もあった。織田信長のように、激しい性格の主なら、多くの配下は、

成功するなら謀反

と考えるのは当然である。

 さて、ここで別の見方で織田信長を見てみよう。織田信長の支配は厳しい。例えば

一銭斬り

と言う様に、犯罪に対して厳罰で臨んだ。これで、当時当たり前であった、

戦いの後の略奪行為

も厳しく取り締まっている。この裏には、

経済力に裏付けされた兵士の厚遇

がある。武田信玄や上杉謙信でも、戦いに略奪は付随していた。相手領地の、稲の刈り取りを狙って出陣し、それを奪うなどという行為もある。もう少し言えば

農民の雑兵の報償は略奪行為で得る物

と言う発想すらあった。これを断ち切ったのが、織田信長である。このような治安維持に熱心な支配者は、大衆にとってありがたい。従って、京都の町衆などからは、織田信長は強力な支持を得ている。従って

外部からの織田信長暗殺などは難しい

と言う状況である。これは、負け戦でも、住民の反乱が起こらず信長が逃げ延びたことからも解る。しかし、

外敵がいないと自己の防衛力は弱くなる

と言う面がある。つまり

外的には強いが内部からの反逆には弱い

になってしまう。この対策としては、

部下同士で相互に牽制する

形が有効である。本能寺の変の時にも、大坂に丹羽長秀達がいたが、これが抑止力にならなかった。これが、織田信長の誤算だった。まとめると

明智光秀は織田信長に対する謀反の最終成功者
ただし
謀反だけしかできずその後の政権維持は失敗

ではないかと思う。  

2021年2月17日 (水)

不安で人を動かすのは?

 二月一五日の和歌山市の直下型地震は、市街地に震源があり、マグニチュードは低くても震度4まで揺れた。

 さて、この地震で和歌山市議会場の照明の一部が落下し、審議が中断する状況がテレビで放送されていた。

和歌山で震度4 市議会で照明落下し中断も(気象ニュース 2021年02月15日) - 日本気象協会 tenki.jp

 ただし、和歌山市に住んでいる人に聞いたが、

「揺れたが被害は少ない、どこかの灯籠が倒れた程度」

と言う状況らしい。

 一方、SNSでは和歌山市議会に関して

「見てくれ良さで、こった照明にするからあのような被害に遭った」

と言う意見がある。確かに、安全設計という面では、照明金具の落下などはない方がよい。しかし、和歌山県や和歌山市の大きな政策を見ると、もう一つのモノが見えてくる。

 それは、

「和歌山県の南海トラフ地震津波対策」

で、

「和歌山市内でも津波の被害に遭う。従って、高いところに移住する等の対策をとるように!」

と住民に伝えていて、県の機能なども、高いところに移している。

 この文脈で、このような「地震被害映像」を流すことは、住民の地震対策意識をかき立てる、有効な手段だと思う。

 しかし、『不安』で人を動かすのが本当によいのか?

 私は、納得が基本ではないかと思う。

2021年2月16日 (火)

プラトンが見るモノ

 昨日書いた、プラトンの『国家』で、描いた

『真実』の世界

は、

『イデア』という理想的なモノ

で記述した世界である。このように、現実を抽象化し、理想化して記述する方法が、現在の科学的な西洋文明を生み出す力となっている。プラトンのイデアは、ルネッサンス以降の近代科学では、理想条件での思考という形で、大きな成果を生み出した。

 例えば、ガリレオの思考実験では、

「同じ重さの鉄級を二つ繋ぐ」

と言う極端な形で議論して、当時のアリストテレスの自然学の

「重い物は速く落ちる」

と言う定説を打ち破った。更に、ニュートンの力学では

「大きさがない質点にその物体の質量が総てある」

と言う理想的な条件で、万有引力に支配された、物体の動きを数学的に記述できるようにしていった。

 こうした抽象化した概念を上手く使うことで、西洋文明の理論的な力が増えていった。そこでは、『正しい』と『間違い』が明確になり、議論も進む。

 このような、

抽象化した世界で普遍的な法則という本質を理解する力

を持った人間が、支配する国家を、プラトンは『正義』が行われる『国家』と考えたのだろう。

 しかし、プラトンが考えた、抽象化された『形式的な記述』だけで、全てを支配するのは無理がある。

 例えば、野中郁次郎が提案した『暗黙知』の発想も、プラトンとその子孫への対抗策だろう。

2021年2月12日 (金)

専門家と言っても色々

 コロナの問題で、色々と『専門家の意見』がでている。しかしながら、専門家にも色々とあると言うことを、きちんと理解している人が少ないように思う。今回の感染状況について、発言する専門家を大きく分けると、以下の2パターンになる。

  1. ウイルスの伝搬の細部の専門家
  2. 多数の感染状況を数理モデルで予測する専門家

1.の立場を『ミクロの専門家』、2.の立場を『マクロの専門家』と呼ぶと、イメージが掴みやすい。例えば、ミクロの専門家は、ウイルスが飛沫感染するからくりなどを教えてくれる。そこで具体的な内作を提案する。また、ワクチンの種類や、その効果について教えてくれるのも、ミクロの専門家である。

 一方、マクロの専門家は、多くは数学的なモデルを使って、感染の拡大状況を予測する。そうして、政策への提言を行う。例えば

「現状で対策を取らなければ、XX時点での病にはXX、そのうち死者はXX人となる」

と言うような予測を行う。さて、専門家のコミュニケーションというと、ミクロの場合には、その伝搬メカニズムなどの具体的な話についての議論となる。しかしながら、マクロの専門家に関しては、議論の向きが二通りに分かれる。

  1. 検討の前提に関する可否
  2. 手法自体の妥当性

ここで大事なことは、専門家の議論では、どちらかというと『手法の妥当性』の方での議論が多くなる。これは、

「数学的な議論なら『正しい』と言いやすい」

ことが影響している。

 しかし現実に適用するためには、前提をきちんと評価する必要がある。このような前提に関しては、

「素人も口出しできる」

ために

「会議が長くなる」

可能性がある。しかし、この問題を避けて通ると、予測外れのトラブルになり、結局専門家の地位を危うくすると思う。

 このような前提に関する議論を行う、専門家の周辺の人財を、育てる必要がある。

2021年2月 6日 (土)

発言することの責任をどこまで感じているか?

 元総理大臣の不適切なる発言で色々と騒ぎが起こっている。この問題は、当人の資質にも絡むが、現在日本の『言葉の軽さ』にも、一つの要因があると思う。これに関連して、先日SNS上で、

「占いについて深く勉強せずに占う人がいる」

という、ぼやきがあった。これは一つの問題だが、もっと大きな

「占う時には相手の宿業まで踏み込む覚悟が必要
自分も命がけで占う」

と言う前提が抜けている。私も少しは占いをするが、病人を占ったときには、その病の気がこちらに流れてくる。そのような怖さがあるので、とても金を取っての占いなどできない。

 しかし、色々な仕事を見ると、多くの仕事では

関わっている人の命や一生に影響を与える

判断をしていることがある。

 典型的な事例は,医者の判断である。

薬は毒の面もある

これを知って,患者のために判断する。このような、「相手にとって悪くなる可能性」を見据えた判断が必要になる。

 また、コンサルタントやカウンセラーに関しても、一言でクライアントの一生を変える可能性がある。

 こうした発言の重さ、これを現代人は忘れているのでは無いかと思うことが多い。

 もう少し言えば、私達は

死の危険性から遠過ぎる

と言う面がある。元々,民主主義の言論世界は、戦争や決闘という

命のやりとりでの解決

を代行していた。そこでは一言の重みを十分感じていただろう。それでも『ソクラテスが死刑になる』世界である。

 この厳しさを知ると,軽率な発言が減ると思う。

2021年2月 5日 (金)

進化か?適応か?

 「技術の進歩」と言う表現には、

進歩はよい!

と言う価値観が前提にある。しかし、このような進歩が、本当によいモノだろうか?昭和の高度成長期には

進歩はよい!

公害反対!

という対立図式があった。しかし、戦後の貧困国で生きてきた世代にとって

進歩によりとりあえず飯が食える

世界はありがたいモノであった。そこで本音として

進歩はよいモノである

と言う共通感覚があった。

 しかし、令和の現在は

多様な価値観の世界

であり、一本道の進化という考えは当てはめることができない。

 そこで必要な発想は

社会環境によく適応する

と言う目標ではないか?このような、『進化論』的社会観を超えた、新しい社会のあり方を議論していく必要がある。

  さて、進化を良いとすること、これは常識だろうか?逆に言えば,進化を認めない世界春のだろうか?

 実はこのような世界が多く存在することを、私達はもう一度確認すべきである。例えば,儒教の教えを考えてみよう。儒教の理想は

古代の聖人の指導した社会に戻る

ことであり、『昔は良かった』発想である。この文脈で考えると、キリスト教,特にローマカトリック教会が,ダーウインの進化論を否定したこととも関連している。イスラム原理主義でも,マホメットの教えに戻って判断している。

 さt、仏教をこの観点で見ると,興味深い現象がある。それは上部坐仏教と大乗仏教の対立である。『上部坐』という言葉が示すように、彼らは,仏教界のエリートであり,お釈迦様の直系の教えを受け継いでいるという自負がある。つまり、昔ながらの教えを重視している。一方、大乗仏教には,法華経の寿量品に見るように

仏は今も法を説いている

と言う信仰なので

現状に合わせて適切に対応

が正しいと言う発想になる。このような考えから、古代の教えからの変化・適応を肯定する発想になる。

より以前の記事一覧