ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

2020年7月 4日 (土)

新型コロナ対応の責任ある説明はどうあるべきか

 今回の、新型コロナ対応の政府、学者の説明は何か、個別の話という感じになってまとまっていないように思う。特に学者の説明が個別に出ている。これは、

「専門があるから」

と割り切るべきだろうか?

 そこで、昔読んだ社会学の古典を思い出した。

「理論構築の方法」J.ヘイグ著 小松陽一、野中郁次郎訳

が展開している方法論で、現在の状況を説明できるのではないか?

 例えば、定性的な理論概念とその連結での説明と、特徴抽出を行った、オペレータとその数値的な扱い。グラフの形、特に外の要因が入った時に起こる折れ線グラフ等がある。

 このような説明が現在の状況では大切だと思う。

2020年7月 2日 (木)

コロナ専門家会議に欠けているもの

 コロナ専門家会議については、いろいろな議論があるが、一つ見えて来たモノがあるので、忘れないよう書いておく。

 私は現在、皮膚科の病気で入院中である。そこで一つのハプニングがあった。同じ病室の患者さんが、立ちくらみでこけて、頭を少しぶつけたらしい。その時、近所で作業していた方が、看護師を呼び、自分が聞いた音の状況等を上手く説明し、協力してベッドに戻していた。その後、当直医も来て、頭を打ったということでCTをとり、

「一応大丈夫だが、放射線科の専門医に読見取りを願う。」

という話になった。

 その後、皮膚科の主治医が様子を見に来た。そこで

「CTの状況は私も確認します。」

と、凛として言い切った。

 読図の専門は放射線科だろう。しかし、その分野に近い専門家は、隣接分野の専門家を評価出来る。これが、ポランニーが言った、専門分野の繋がりでの保証だろう。更に、患者の立場で考えると、信頼感のある主治医の説明が受け入れ安いだろう。こうした安心への配慮ができている。

 さて、コロナ専門家会議は、これができているか?まず、隣接分野の相互評価が、あったか?あってもそれが大衆に伝わっただろうか?も一つ言えば、大衆を信頼させる「主治医」の役割を誰が担っただろうか?

 もっとも、大衆相手は政治の仕事という発想もある。それなら、政治家に対する「主治医」役は誰が担っただろうか?

 このような議論も必要かと思う。

2020年6月24日 (水)

本当の地方創生とは何か

 地方創生の話を聞いていると、

「東京一極集中で,税金が東京に集まっているから,それを地方に返す」

という議論が出てくる。

 この話、どうも納得のいかない。

 まず、税金の交付金とは、その地方の,国に対する貢献で支払われるべきである。例えば

「他国の侵略に備えるため,国境の地域に暮らしている」

というような地域には、厚く税金を投入するべきである。

 ここで本質的な議論は

「その地方の国民全体への貢献は何か?」

を、明確にすべきである。

 ただし、この議論は、もう一歩踏み込むところがある。つまり

「東京一極集中は、国益に対して、どのような貢献があるのか?」

という観点からの議論である。

 確かに昭和の戦後の工業化促進のためには、都市部に労働者をかき集める必要性があった。しかしその惰性で、東京に本社を置かせる必要があるのか、もう一度見直しが必要だと思う。

2020年6月23日 (火)

リーダーシップに関する『日本教』と西洋文明

 『日本教』のリーダーシップは、支配される人々の知性に、ある程度の信頼を置いている。これは、

「話せば解る」

という聖徳太子以来の伝統である。

 しかし、西洋文明においては、支配者が全てを決めて、支配される人間は

「言われたことだけする」

という発想がある。これを歴史的に見ると、

「奴隷を使っていた伝統」

が一つの相違点ではないかと思う。西洋文明には、侵略し支配し、場合によっては奴隷にする、という伝統がある。この違いが、リーダーシップの違いに出ていると思う。

 さて、『日本教』的なリーダーシップのよいところと悪いところを考えてみよう。

 よいところは、全員参加の力である。特に参加者個々人が、弱い力でも色々と貢献することで、全体としてまとまる成果は大きい。一方、悪いところは、不適切(無能)なリーダーでも、惰性で務まる場合があることである。今までの延長なら、皆に任せてそのままで行けばよい。このような状況で、ずるずる壊れる例は少なくない。

 ただし、『日本教』のリーダーでも、全体像を示して、皆を納得させることができるなら、新しい世界へ導くことも可能である。

2020年6月20日 (土)

大阪都構想の意味

 大阪都構想が、もう一度住民投票にかかるらしい。私個人としては、大阪の二重行政というか二重投資、例えば大阪市水道局と大阪府水道局の淀川での取水状況や、設備の重なり、を見ているだけに、都構想には賛成である。

 さて、ここでは別の切り口で、都構想の功績について考えてみたい。

 前から『日本教』について議論しているとき、

全体像を持った指導者の重要性

を指摘している。

 このような全体像は、既存の体制をそのまま利用するなら、

「今あるモノのイメージ」

で話ができる。

 しかし新しい世界観を提示する場合は、

全体的な話や設計図

を一度作っていないと、日本教の大衆には通用しない。

 今回の維新の指導者達は、都構想の設計図を作った経験で、全体像を握っているから、

日本教的な新規改革

を提示できると思う。

 もっと言えば、コロナ危機のような、

従来の延長で対処できない状況

に現実的に見事な対応を見せた大阪府の力は、このような全体像の詳細検討にあったのではと思う。 

2020年6月17日 (水)

北朝鮮情勢について

 北朝鮮が、南北関係を壊すような動きに出てきている。

 これは、北朝鮮の内部崩壊の兆候だろう。コロナの影響で、中国や韓国との貿易がなくなれば、北朝鮮という国は色々とトラブルが起こる。しかもコロナの患者は,無視できない数発生しているだろう。こうした内外の力で,今度こそ北朝鮮が崩壊する可能性は高くなってきた。

 しかし、この時期に,日本政府の方針が立っていないことがもどかしい。

 確かに,米中対立の時期に、日本独自の動きを見せることは難しい。

 歴史的に見れば、

「朝鮮半島は中国に任せる」
ただし
「中国の海洋進出は断固拒否する」

という判断が正しいと思う。つまり、陸続きなら許すが,海洋進出は拒否する発想である。

 アメリカの動きが、今不安定だが、トランプ退陣ともなれば、中国と妥協の上で、上記の線で納める手はないのだろうか?

 北朝鮮の崩壊で、我が国まで被害が出ることは、できるだけ避けたい。

2020年6月16日 (火)

日本教の失敗のパターン

 「日本教」について、このブログで何度も書いているが、どうも

「日本教礼賛」

となってしまう傾向がある。

 しかし、「日本教」的な指導には大きな欠陥がある。それは、

「一度動き出したら修正が難しい」

という問題である。

 この事例は、多くの倒産した会社の場合や、第二次大戦の日本の戦争指導を見れば解るだろう。つまり

「小幅な修正能力はあるが、抜本的な見直しは難しい」

という欠点である。

 これに対して、山本七平は

「明治の日本の指導者は、自分で別案を持っていたから修正できた」

と指摘している。

 これは、日露戦争時の戦いを見れば明らかである。旅順攻防戦でも、乃木司令部は、試行錯誤し学習している。第二次大戦の硬直した指令とは全く異なっている。

 この理由は明確である。

「日露戦争までは、実戦経験を積んだ人間が、自分の体験を生かしながら戦争指導を行った」
一方
「第二次大戦時代には、教科書で学んだ秀才が、戦争を指揮した」

という違いである。

 なお、今回の大阪府の指導者達は、実践を通して学んで修正したいるように思う。

 

2020年6月15日 (月)

コロナ被害の東京と大阪の違いに理由あり!

 昨日も東京では、コロナ新規感染者が47人と多数出している。一方、大阪は出ても一桁台に抑えている。この違いについて、少し仮説を上げておきたい。

 まず一つ目の仮説は、知事をはじめとするトップの説明力の違いである。根本には、

「大阪の知事には、住民に納得してもらいたいという意志を感じる」
一方
「東京都知事は何かかっこの良い言葉を並べている」

という違いを感じる。

 更に言えば、

「大阪の政策には、住民一人一人を信じ見ている」
これに対し
「東京では、机上の検討だけで進めている」

という感じがする。これは、東京なら

「夜の繁華街での感染」
という言い方で
「どこか夜の町で働いている人への差別的な見方」

を感じる。一方、大阪の場合には

知事なども
「夜の接待の業者も苦しいだろうが協力してくれ」
とメッセージを送り
それに対して業者側も
「私たちの所で感染者を出せば大変なことになる」
と答えている

この相互の歩み寄りが、感染対策の徹底に結びついていると思う。

 いわゆる、エリート達が

「夜の繁華街の仕事」

と一括りにして、見下しているのが、東京的発想ではないかと思う。

 大阪では

「色々な仕事それぞれの誇り」

を大事にしている。この違いが大きいと思う。

2020年6月14日 (日)

アメリカの「人種差別」報道について根本的な理解が抜けている

 アメリカの『人種差別』問題に関して、トランプ大統領の対応を批判する報道が多く見受ける。確かにトランプ大統領の対応は、軍の扱いと言うことで批判されるべきである。

 しかし、日本のマスメディアというか、日本人の知識は、この問題の根本を理解していないと思う。私の考えでは、

「この問題の本質は、アメリカの建国以来の体質である、
『人間』としての権利を限定された者達に与え、
彼らに暴力で他の者を圧することを許した体質」

にある。これは、黒人差別だけに止まらない。アメリカの歴史を見れば、

「ネイティブアメリカン(いわゆるインディアン)の土地を銃で脅し殺して奪った開拓史」

もある。当時の『アメリカ人』の発想に、ネイティブアメリカンの権利などを認識していたとはとても思えない。

 その後の奴隷問題もあり、黒人差別が発生した。さて彼らの発想をもう少し突っ込むと

「キリスト教徒の人間の線引き」

が一つの見えてくる。キリスト教の発想は

「洗礼を受けて人間として生まれる」

がある。このような発想が、根底にあり彼らが

「人間として扱わない」

行動は、本質的に獣に対する行動であった。この歴史を理解しないと、現在の人種問題、特に差別を受けた側の怒りは解らないと思う。

2020年6月13日 (土)

専門家の意見の活用法

 大阪府が、新型コロナウイルスの専門家会議を開き、これまでの対策の見直し検証を始めた。これは大事なことだと思う。

 ここで大事なことは、

「専門家の役割について、政策実行者が理解しているか?」

ということである。

 もう少し言えば、

「専門家は、自分が決めた範囲の力を発揮する人」
であり
「全てについて力を発揮する人でない」
ということを
「理解するして評価するのが総合的政策決定者の責任」

という議論ができているか?

 例えば、ある専門家は、

「最悪条件の積み上げでモデルを造って、無策の場合の悲劇の警鐘を鳴らす」

これは、一つの警告であるが、最悪条件の積み上げなど、実際はまず起こらない。そこで

「この専門家の数値が当たらないと批判する人」

がいるがこれは間違っている。彼は、

「専門家としての警鐘をならす役割」

であり、これを活用するのは、政治なりマスメディアの解説である。

 また、今回のコロナ専門家については、

「ミクロな感染プロセスの専門家」

「マクロな感染状況の数値化データ解析の専門家」

の識別も必要である。大体、

病気の話に「核物理学者」が出てくるのか?
京大の山中教授ですら、感染症の専門家?

という突っ込みがないのがおかしい。

 なお、今回の議論では

  1. 数値的なデータの解析は物理学一般の基礎的な力であり、数式の扱いに慣れた物理学者が予測する力はある
  2. 山中教授は医療行政全般を指導する立場での実績があり、今回も総合的な視点で発言している

という答えが「専門家の活用法」としては出てくると思う。

 なお、もう一言言えば

「数値モデルの予測に対して、
ミクロな構造をモデル化し、
因果関係を定性的に説明する、
感染症対策の専門家からの発信」

があるべきだと思う。そのようにして、数値結果の信頼性や適用範囲が見えてくる。このような科学的姿勢の方法論は、社会科学の方がしっかりしていると思う。

より以前の記事一覧