ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

2020年3月30日 (月)

コロナと原発事故 西洋文明的発想の落とし穴

 新型コロナウイルスの影響で、イタリアは医療崩壊したし、アメリカやフランスでもかなりの被害が出ている。1月や2月の段階では、

「中国の政治体制だから~~」

と、欧米の『先進国』は比較的甘く見ていたのではないだろうか?

 しかし、現在の状況は

「欧米の先進国でも医療崩壊まで起こりうる」

と言う厳しい現実に直面している。

 さて、イタリアなどのニュースを聞いていたとき、私は10年ほど前のあるニュースを思い出した。

福島原発事故の時
「日本ですら原発事故が起こった!」
(旧ソ連などとは違う西洋文明先進国で!)

と言う、驚きである。あのとき、多くの国が原発に対して腰が引けるようになった。

 さて、今回のコロナ対策に関しても

「中国のような独裁国で、隠蔽などしているから、コロナ流行を引き起こした」

と言う論法は、もはや通らない。それどころか、

「独裁国の方が、強引な手段で抑え込むから、早期収束させる」
(中国、北朝鮮・・・)

と言う結果すら出るかもしれない。

 これは極端だが、日本の対応は、まだ医療崩壊など、最悪の事態を逃げるよう、上手く踏みとどまっているように思う。

 この知恵は、西洋文明と一線を画す日本の力ではないかと思う。

「現実を見据えながらしぶとく妥協点を探す」

これが、

「机上の検討で方針を作る」
「個人の主張だけをぶつけ合う」

西洋文明との違いではないだろうか?

2020年3月23日 (月)

現在社会は西洋文明の限界を超える発想が求められている

 現在の社会は、高度な専門家の発言が力を持っているが、本当にそれだけでよいのだろうか?例えば、今回のコロナ騒動においても、病気の伝搬の専門、検査の専門などの各分野の専門家が色々と発言している。しかし、このような専門家は、自分の担当範囲の視点での発言が多くなる。例えば、

「コロナの検査をできるだけ広く行うべきである。現在の検査は少なすぎるから、潜在的な患者を見逃している。」

と言う発言は、感染状況を研究している立場では当然の発言である。しかし、現在の制度では

「コロナ感染した人全てを入院隔離させないと行けない」

となっているので、

「軽症者も含めて多数の入院患者が出ると医療が崩壊する」

と言う可能性がある。

 こうした全体像を見て、総合的な判断を行うのが政治である。

 さて、このような専門化は、やはり西洋文明の影響が大きい。使用文明の基礎にある物理学は、

「物事を単純に理想化し、その上での因果関係を明確にする」
つまり
「専門的な範囲に視野を絞って深く考える」

ことで大きな成果を生み出した。

 この発想が現在強くなりすぎている。

2020年2月29日 (土)

NET社会の効用について

 先日書いた、学校的理想社会の対応について、ネット社会の動きについて少し考えてみた。色々なトラブルが発生したとき、学校などでは、

「被害者側に対して冷たい」

対応を取ることが少なくない。この理由は、先日の記事にもあるように

「理想化したモノしか考えない」

現在の日本社会の本質的な欠陥でもある。このような社会の『立派な』教師達は

「いじめなど存在しない」
もしくは
「恨みの気持ちなど持たず直ぐに許す」

等という、『理想的社会』『理想的人材』発想でしか考えない。

 しかし、現実の人間の感情は多様であり、心の傷の影響も色々とある。

 現在社会は、これを受ける場所として、ネット空間が働いている。一昔前の2チャンネル、現在のSNSが、被害者の生の声を聞き、それに対して色々な反応を示す。確かに、被害者をもっと傷つける『セカンドレイプ』的なモノもあるだろう。しかし、被害者に素直に

「共感し受け入れる人」

 が存在するのもネット空間である。O市のいじめ問題も、ネット空間の力が問題明確化に大きく働いた。暴走も一部あったが、被害者遺族の応援もあった。

 このように考えると、ネット社会は今までの『理想社会』を変える力がる様に思う。

2020年2月25日 (火)

理想化した『社会』だけで考える人間の危険性

 日本の大乗仏教には『十界互具』という教えがある。つまり、

「仏の世界にも、地獄から仏界があり、地獄の中にも仏界から地獄がある」

と言う教えである。確かに

「地獄に仏」

と言うが、仏の『浄土世界』に、地獄があると言う発想は、なかなか理解しがたい。

 しかし、いじめ問題や犯罪被害者などの気持ちについて、考えていくときに少し解ってきた。

 このブログで何回か書いたが、

「現在社会は、『怒り』の感情を抑えすぎている」

状況にあると思う。確かに『報復の連鎖』が行われば、社会は不安定になり崩れるだろう。従って『復讐権』を一般人から取り上げて、司法の手に持って行く。これが現在社会の仕組みである。しかし、個人の感情はそのような理屈だけで収まらない。

 しかし、学校制度などでは、学校運営側の都合などで

「復讐心や憂身の心は悪い」
それどころか
「被害者にも隙があった」

等と押さえ込んでしまう。つまり、

「教科書に書いてある、『理性的行動』を取る人間に当てはめる」

ことで、組織運営ができるようにしていく。このように無理に押さえつけれた人間は、感情のエネルギーの吐けどころがなくなる。この押さえ込む体質になると、激しい感情にも押さえ込むようになり、鬱病になることも少なくない。この問題は現在社会の重荷になると思う。

 さて、最初に述べた、

「仏の世界にも地獄を観る」

と言う議論は、

「仏は世界全てを創造する力がある」

と言う観点で見ると、新しい解釈ができる。つまり

「世界にいる人間には、仏の心のある人間もいれば、地獄の心を持った人間もいる。悪事を行う人間もいれば、それに足して復讐心を燃やす人間もいる。」

と言う、

「心の多様性に向き合い、その上での皆の幸せを考える。」

力が本当の仏の力ではないかと思う。

 理想的に、『何でも許す人間』しか生存を認めない社会になっている現在は、多くの鬱病患者を生み出している。この反省ができていない。

2020年2月21日 (金)

経験のある哲学者の支配が望ましいのか

 世の中には、

「博士号を持っているような論理的思考ができる人間を大事にしろ」

と言う議論がある、これをたどっていくと

「プラトンの哲人政治」

に行き着く。しかし反面では

「MBAの経営者に任せると会社は潰れる、経験が必要である」

と言う意見もある。また、哲人政治に関しても、あまり良い評価なはい。

 それでは、

「哲学的な思考の訓練を積んだ人間が、経験を積むと良い支配者になる」

のだろうか?

 私は、この問題に関しては、もう一歩の踏み込みが必要だと思う。つまり

  1. なぜ「しっかりした学問的思考」が必要か?
  2. なぜ「経験が必要か?」

この二つの問いにきちんと答える。これが必要だと思う。

 私の答えは、

  1. トラブル発生の原因究明や、新しいモノの提案に学問的知識を生かす思考力
  2. 全体像を見て総合的な判断を下すために経験

の両面が必要だと思う。

 なお新しいモノの提案に関しては、項を改めて書きたい。

http://manabizz.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-2c75c6.html

 

2020年2月13日 (木)

心の闇と綺麗事の関係

 人間の心には、色々な闇の面がある。この扱いについて少し考えてみた。まず、今の学校教育などでは

「正しい行動を取る子供を育てる」

と言うことで、

「闇の部分がない」

と言う発想で考えている。いわゆる

「綺麗事の世界」

である。しかし、人間には、色々な行動や考えがある。そうして

「傷つけられた経験、それに対する恨み」

等の闇の部分が出てくる。このような、闇の部分を無視して

「綺麗事だけで世界を考える」

是非を考えてみた。物作り、特に設計や開発をした経験者なら解ると思うが、更地でモノを考え出すときには、

「まず理想的な正常機能を動くようにするための本体を作る」

段階から始まる。この段階で色々な冷害を考えると収束しなくなる。しかし

「一度全体像ができれば、例外を考え色々と揺さぶり、それに耐えるように丈夫にする」

段階を経由しないと製品として売ると後でトラブルの山になる。

 この発想は社会的なモノでも同じではないかと思う。

 仏教では、六根清浄になれば、仏の世界が見えると言う。つまり「綺麗事の世界」で全体像を見る。しかし、仏は

「十界互具で、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天・声聞・縁覚・菩薩・仏の全てを観る」

力で、地獄の心まで見ている。

 このように全体像を作るための「綺麗事」と、現実の多様性を見て「闇の部分の対策」の両面を扱う、本当のリーダーが必要になってくる。

2020年2月 9日 (日)

『日本教』の影響下での社会分断について いわゆる『高学歴者』の思考限界

 昨日書いた、日本教と正義の問題は、悪影響を及ぼすと、社会分断になる。

 これは、少し前に書いた『高学歴』という議論とも重なるが、

「現在の学者達の思考法には、決められた範囲での厳密な思考法」

を重視している。

 このような思考の厳密さは大事なことであり、何もかも鵜呑みにするよりは、きちんと資料評価する姿勢は大切にしないといけない。

 しかしながら、この時とても危険な現象が起こる。それは

「考慮にそれたモノに対する配慮がない」

と言う事態である。この問題は、『日本教』の根本仮定である

「全てを観てくださる神」

の範囲から出てしまうと言うことであり、この人達の苦しみなどは考えないようになってしまう。

 悲しいことに、このような事例はたくさんある。切実な話では、

「精神の疾患のある患者の家族に、
『その人の言うことをできるだけ聞きなさい。』
つまり奴隷になるぐらいの気持ちで」

と指導する精神科医の話もある。某殺人事件でも、引きこもりの人間のために、家族に自殺者が出ているが、その自殺者に対する同情の論地はなく、『引きこもり者を殺した父親』を責める、立派な精神科医がいる。

 また別の見方では、

「受験に対して社会活動などを考慮せよ」

と言う議論が出ている.これに対しては

「家庭の事情で社会活動などできない子供はどうなる」

と反論が出ているが、中高一貫校などの『恵まれた環境』で学んだ人間が、自分たちの尺度で、このような制度をだすことが怖い。

 また国会などを見ていると、一部野党の人たちは

「国家公務員(キャリア官僚)の人権はない」

と考えているのではないかと思う。と言うより、『人間』と思っていないのではないだろうか?

 この発想は、西洋文明の『人間の限界』を心得ている場合より、『日本教』の方が深刻だと思う。

2020年2月 3日 (月)

管理という発想から人材活用に切り替える 「引きこもり対策」

 今朝のNHKニュースを見ていたら,「引きこもり」者の就労支援が取り上げられていた。引きこもり者の、ソーシャルスキルを訓練し,就労後のメンタル面まできめ細かくサポートする,派遣会社の話である。

 これはとても善い仕組みだと思う。一般に就労支援というと、就職口を見いだすだけ。もう少しサポートすると言っても、定時的な面談ぐらいしかしていない。しかし、現状の引きこもり者は、電話の対応や名刺の出し方など、基本的なソーシャルスキルを身につける機会も失っている人が少なくない。そうして就労しても、色々の対人トラブルに遭う。このようなときに、速やかなサポートが必要であるが、それを、今まで均質な人材の効率向上を見ていた、一般企業の管理者に求めるのは、現実的には難しい。確かに大企業なら、そのようなメンタルサポートを置けという、行政指導もあるだろう。しかし中小企業、特にスタートアップの時などには、そこまでの力はない。

 そこで考えを変えて、

「人材活用のプロ的な会社」
(メンタル面のサポートを含めた人材派遣)

と言う発想はあるのではないかと思う。

 このような動きについて、厚労省のサポートが有効だと思う。幸いにも、労働問題の専門である労働省と、メンタル面の専門である厚生省が一体になったメリットは、このような面にあるのではないかと思う。管理者や経営者視点の経産省より、人を見る厚労省に期待したい。

 もっと過激なことを言えば、ハローワーク等の関連事業で、引きこもり者を一旦抱えて、ソーシャルスキル訓練をし、更に就労時のメンタルサポートを行う派遣業と言うのも現実的な問題解決の一案かもしれない。

 

2020年1月28日 (火)

日本文明の特徴は「日本教」

 日本文明の特徴について考えると、前にも書いたが一般大衆

「お上を無条件の信じる心」

が大きいと思う。

 これはキリスト文明の契約でもなければ、儒教文明の理屈による押しつけでもない。これは、弥生時代からの指導者の実績が大きいと思う。また、聖徳太子からの仏教導入は、

「親の立場で全てを観る力」

の可能性を拓き、この力を加えていった。

 この結果、日本文明においては、

「大衆が心から動き従う」

ことが多くなっている。これは西洋文明の説得を超える、感情まで含めた自主的な働きである。

 この力を認識しないといけない。一方、これが悪い方に向かうと狂信になる。この危険性を忘れてはいけない。ただし、ここに一つの安全策がある。

「日本人は歴史を忘れる」
「歴史に学ばない」

この性格を指摘し、批判する人は多い。しかし、

「感情面まで一体になる国民性で歴史の恨みを持つ」

危険性を考えると、このような『忘却力』も、安全弁として有効だと思う。 

2020年1月27日 (月)

承久の乱に関して リーダーシップの観点で一考察

 承久の乱は、山本七平が指摘するように、

「武士が天皇(上皇)の権威を覆した革命」

と言うべきだろう。

 承久の乱については以下のウィキペディアの記事が詳しい。

https://ja.wikipedia.org/wiki/承久の乱

しかし、ここで従来から議論のある一文がある。

泰時は途中で鎌倉へ引き返し、天皇が自ら兵を率いた場合の対処を義時に尋ねた。義時は「天皇には弓は引けぬ、ただちに鎧を脱いで、弓の弦を切って降伏せよ。都から兵だけを送ってくるのであれば力の限り戦え」と命じたと言う(『増鏡』)

この記述は、増鏡の成立時期や、公家側の記述という背景を考えて、「公家の願望」という説も有力である。

 しかし、これは見方を変えれば、武家社会が考える、リーダーの姿でもある。つまり

「(天皇や上皇が)自ら先頭に立って、皆を率いる場合は、
武士達は従う。しかし、部下任せなら従わない。」

と言う考えは、武士の多くは納得したのではないかと思う。

 現在でも、

「先頭に立つリーダーには従うが、
安全地帯から指示するだけの(名ばかり)リーダーは無視する」

ことが多いと思う。

 

より以前の記事一覧