ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

2020年11月29日 (日)

日本語の特異性

 先日から、仮名文字に関して色々と考えてきたが、これをもう少し突っ込むと、

「日本語の特異性」

と言う論点で、色々と話ができると解った。

 私が注目したのは、

「象形文字でもなく、
アルファベットのような、
徹底した表音文字でもない
仮名漢字交じり文」

の特徴である。これをメディアの特徴として考えると

「象形文字の多数を記憶した知識人」

「アルファベットから派生した記号体系を使いこなす知的特権階級」

の両者の知的活動の独占を防止している。

 前者の、「象形文字~~」は、古代エジプトの神官や、中国の科挙合格者のように、

「多数の文字を記憶しない限り文字を使いこなせない」

と言う独占状況を示している。中国や韓国では、科挙合格者とそれ以外に大きなギャップがある。

 一方、アルファベットを使った古代ギリシャ文明に始まる西洋文明は、

「文字記憶の壁は大衆化したが、論理的思考は哲学者の独占」

と言うもう一つの壁ができている。プラトンの哲人政治や、今でも残る「高学歴者の独占」が、論理的思考法の壁を示している。

 さてここで日本語をメディア論的に考えてみよう。象形文字の子孫である漢字が残っているので、直観的なイメージが文字に残っている。しかも漢字には『訓読み』を行うことで、母国語としての機能をきちんと保持している。一方、漢字を覚えることが難しければ、表音文字としての仮名を使って随時表現できる。このような日本語の論理思考には、直観的なイメージを用いた思考法が生きてくる。例えば幾何学の例で考えれば

「点と線で描く図形」

と言ったイメージが浮かび、それを頭の中で、動かし重ねたり、回転させたり、縮小拡大したりする。このよう直観的な脳内作業での証明や議論ができる。これ学問の大衆化にもつながっている。しっかりした、公理や定義での上での幾何学議論は、数学の専門家には必要だろう。しかし、

直観的な議論での納得

は、知的議論の大衆化には必要だと思う。このために、日本語の果たした役割は大きい。 

2020年11月27日 (金)

五十音図が先か仮名文字が先か?

 前に書いた、仮名文字に関する議論で、もう一つ思いついたことがある。それは、

仮名文字が先か?五十音図が先か?

と言う問題である。普通は、

「漢字しか文字がなかった時代に、その当時の発音を万葉仮名で記述した。それを簡略化して仮名文字が生まれた。」
さらに
「その後、仮名文字を整理する形で、いろは歌や五十音図が生まれた。」

と言う風になっている。

 特に、五十音図はサンスクリット語などの音韻に関する知識がないと、作ることは難しい。そこで、

「いろは歌の空海作は無理があるが、五十音図は空海でないとできないのではないか」

と言う説はかなり説得力がある。確かに、カ行~ワ行までの子音と母音のきちんとした組み合わせは、サンスクリットやアルファベットの表音文字の知識なしで、ここまでの整理は難しいと思う。

 なお、少し脱線するが、ハングル文字も表音文字として、母音と子音の組み合わせを文字のルールとして表現した、完成度の高い物となっている。一部の文書にでる、『日本の古代文字』と称する文字には、ハングルのような母音と子音の組み合わせが見える。これは、ハングルなどの模範例なしで、作れるとは思えないので、江戸時代に誰かが作ったと想定するのが妥当ではないかと思う。

 さて、ここで本題に戻るが、私が仮名文字に関して、今一度問いたいのは以下の問題である。

「日本語の母音と子音は誰が決めたのか?」

もう少し具体的に言うと

「母音が『あいうえお』だけに絞られ、子音も現在の形に絞ったのは誰か?」
例えば
「ハ行にFの発音が入らずHの発音になったのは何故か?」

と言う疑問である。私の感触では

「仮名文字の存在で、発音の自由さが制限されている」
つまり
「五十音の発音しかできなくなっている」

状況があると思う。現在は学校教育の普及で、発音が制限されるのは当然である。しかし、万葉仮名の時代にこのような発音の制限があったのだろうか?

 一つの大胆な仮説は、

「飛鳥時代に日本に移ってきた、渡来人の中に、梵字の知識のある僧侶がいた。彼らがその知識を使って、私たちの先祖の言葉を整理し、五十音的な形にまとめ上げ、その上で万葉仮名の音韻の当て字を作っていった。」

と言う発想である。学問的な検証に値するかは別として、一つの考えとしてみてほしい。

2020年11月25日 (水)

空海が観たモノは?

 空海の『吽字義』を理解するために、もう一度サンスクリット語について、見直してみた。サンスクリットでは、母音子音の複雑さ、その組み合わせのルールを、梵字の書き方に反映させている。少数の文字を使うが、組み合わせのルールを上手に使うことで、多様な音声を表現している。

 梵字を理解すると、象形文字の系列に属する『漢文』に慣れた人間にとっては、カルチャーショックを受けたのではないかと思う。漢字を『真名』と言って、

「真実の文字は漢字しかない」

と思っていた中華文明に影響された人間が、

「お釈迦様の文字は別にあり、それは見事な体系である」

とシッタ感激というか、ショックは大きいと思う。マクルーハンが

「アルファベットの発明はメディの革命の一つ」

と言ったことが納得できる。

 さて、空海はこれを密教の修行という実践に繋いでいく。例えば

「梵字の子音を書くときは、母音の阿を追加する」

と言うルールを、密教の教えに反映させて

「全ての仏の根源である大日如来を『阿』字で象徴する」

とし、他の仏や菩薩を色々な梵字で象徴する。このような

「要素的なモノの組み合わせで理解する」

発想が、曼荼羅などに反映し手、構造的な整理が行われている。 

 また、梵字の『阿字』をしっかり観る、『阿字観』という修行もある。この修行においても、梵字の構造まで考えて、

「全てに展開する『阿』字を観る」

ことが、空海が観たモノを理解することではないかと思う。

2020年11月24日 (火)

仮名文字の不思議

 空海の『吽字義』などを読んでいると、梵字についてもう少し考えたくなった。梵字、つまりサンスクリット語について、少し学んだだけでも、表音文字として、きちんとした構造ができていることが解る。母音と子音等の『音の組み合わせのルール』が、文字の上でもきちんと表現されている。

 これを見ると、

「表音文字とはどうあるべきか」

がよくわかる。マクルハーンが、

「アルファベットの発明はメディアの大改革の一つ」

と言ったのも解るような気がする。

 さて、ここで一つの疑問が出てきた。私たちは、

「仮名文字は表音文字」

と思っている。しかし本当にそうだろうか?一つの実験事例がある。録音装置で

「あかいとり」

と記録し逆回ししたらどのように聞こえるだろう。表音文字なら文字を逆に読み

「りといかあ」

となるはずである。しかし実際は

「いろちあか」

と言う風に聞こえる。これはローマ字で表現するとよくわかる。

akaitori → irotiaka

と言う風に、ローマ字表現の逆転がきこえる。これでも解るように本当の表音文字なら

「子音を独立して扱えないと行けない」
もう少し言えば
「音に忠実に記述して、その組み合わせルールを明確にする」

が必要がある。

 これを考えると、仮名文字という物は、表音文字と言えるのか、怪しくなってくる。

 今これを書きながら考えた仮説は、日本に仏教を伝えた人たちが、お経の陀羅尼の部分の

「梵字に対する当て字としての漢字」

「当時の日本語の発音を五十音図的に整理」
した結果として
「仮名文字が生まれた」

のではないだろうか。

2020年11月 2日 (月)

マスメディアの安全策が本当に善いのか?

 昨日の読売テレビの、「そこまで言って委員会NP」で、考えるべき意見があったので、忘れないうちに書いておく。それは、

「マスメディアが安全策をとって報道しないことによる弊害」

と言う問題である。

 最初に出てきた話は、

「コロナ対策のための不況によって、多くの自殺者が出ている。」
しかしながら
「自殺に関する報道は追従者の可能性があるのでできるだけ控えるようになっている」

と言う状況で、マスメディアの報道は

「コロナ対策による自粛や行動制限のみ」

になっている。このような情報を与えられれば、多くの人たちは外出を控え、その結果消費も控え、景気が悪くなって倒産や失業が増える。そのために自殺等の報道は抑えられている。

 確かに自殺の報道は難しいモノがあり、個人の情報に配慮して、統計的なデータを出すだけでも、

「それほどいるなら自分も」

と追従者が出かねないと言う危険性はある。しかしながら、それでも現状を正確に示すことは、マスメディアの使命だと思う。

 さて、もう一つはカルト宗教に関する話であった。これは、司会の辛坊治郎氏が実体験を踏まえた話で言っていたが、

「一見神秘体験と思い込むこともあり得る」
と知らせるだけで
「カルト宗教の勧誘に対する免疫を付ける効果がある」

と言う指摘である。これも鋭い指摘だと思う。例えば

「座禅の姿勢のまま、数センチ飛び上がるだけでも大変な力がいる」
(並の人間にはできない)

であり、少し座ってみた人間は、数センチ飛び上がるのを見て感心するかも知れない。しかし、明治時代からの各種の呼吸法の話を知っている人間は、

「そのような飛び上がる例は少なくない」

と冷静に流すことができる。更に、このような結跏趺坐から跳ねると、着地の時に尾てい骨に刺激を与える。この刺激で、

「光のようなモノを見他と感じる現象は起こることがある」

と言う知識を持っていれば、カルト宗教の勧誘時に、

「ここでしかできない神秘体験」

と言われても、

「他でもある話」

と冷静に流すことができるだろう。この問題も、

「神秘体験は触れてはいけない」

とメディアが逃げずに向かうべきではないかと思う。

2020年11月 1日 (日)

「辺境」の意味について

 日経ビジネスの最新号に、「イノベーションは辺境で起こる」と言う記事が載っていた。この記事の主旨とは少しずれるが、私は

日本という国は中華文明の辺境の地

と言う発想がある。これは地勢的なもので、

「東の果ての島国」

と言う立場は、『辺境』とならざるを得ない。さて、この辺境のメリットを考えてみた。私の考えでは、辺境のメリットは

「文明の伝達が遅れる」
この遅延は
「完成度の高いモノを選んで受け入れることができる」

である。つまり、中華文明の色々なモノが、ある程度完成してから伝わってくる。従って

「全体像を見ながら、自分たちに合わせて、取り入れることができる」
「失敗作に巻き込まれることが少ない」

と言う利点がある。日本が外国の文明を受け入れる場合には、

完成度の高いモノを鑑賞し、その上で自分たちによいように消化しながら取り入れる。

と言う悪知恵が働いているように思う。これは、

「自分で苦労して開拓してモノでなく、成果をただ乗りしている」

と言う批判を受ける面もある。しかし、実用化するにはそれなりの苦労もある。こうした面も評価していくことも大切ではないかと思う。

 なお、現在は文明の流入が高速化している。これでは、失敗が淘汰されるまでに、新しいモノに飛びついていく可能性が出てきた。このような状況は、上述の辺境のメリットを無くしてしまう。

2020年10月21日 (水)

論争による思い込みの強化

 強迫神経症等の思い込みについて、少し考えることがある。一部の強迫神経症の患者は、周囲の無理解と戦っていて、かえって症状を悪くする場合がある。例えば、不潔恐怖におびえる患者に対して

「そこは汚くない、触ってみろ」

と強制したとき、患者の方は

「絶対いやだ、そこに汚いモノがある!!」

と強く主張していくようになる。周囲が、

「あなたは、不潔に感じるかも知れないが、他の人は気にしないですよ」

と言うぐらいに軽く流して、争う輪図に流していけば、思い込みが深くなることもないだろう。頭から、否定されると、どうしても自分の言ったことを護りたくなり、より思い込みが深まっていく。

 このような現象は、そう言えば他でも見た気がする。例えば、山本七平が指摘している、

「百人斬り報道論争の新聞社の対応」

等が、一つの事例になる。論争が始まる前は、中立たっだマスメディアが、山本七平に対して、敵対しだすと、戦時中の新聞報道への検証など放り出し、山本七平の論を潰しにかかっていく。この図式は、一度言い出した主張にこだわるという点で、上の話と通じるモノがある。

 私の意見は、

「山本七平の論法は、法廷で議論するには甘い。しかし、マスメディア側が、戦時中の戦意高揚報道への反省をしないのもおかしい。特に『百人斬り』への誇張などは、報道関係者として反省すべき事項である。また新聞記事が原因で、戦犯有罪になった場合には、新聞記事の誇張表現は、それなりの責任があり、マスメディアの反省が必要である。」

である。

 話が少し脱線したが、物事を多様な見方から見ることができない場合には、論争が行われたとき、自分の意見に執着し、思い込みが激しくなる傾向があるように思う。もう少し言えば、多面的な見方をし、全体像を持った上で、自分と相手の意見を客観的に評価できれば、論争においても、自分の考えを修正し、太らせることもできるだろう。このような力が、現在弱くなっているように思う。

 もっとも、多様な見方を育てる教育は、明治以降の教育にあったのだろうか?

2020年10月20日 (火)

短い文章でのコミュニケーションについて

 世の中では、SNS等の短い文章でのコミュニケーションが普及している。このような情報は

「断片的!深い理解がない」

と、否定的な見方をする。「有識者」が少なくない。

 しかし、昨日書いた空海の著作などを読むと

「経典の一句の抜き出し」

で、その経典の本質を描いている。空海だけでなく、日本で生まれた「稲荷心経」や「十句観音経」も、他のお経の抜き出しが多くある。このような抜粋したモノで、本質を伝える発想は、SNSでの短い文章による情報伝達に通じるモノがあると思う。

 一方、西洋文明の学び方には、

「抽象化してまとめる」

発想がある。これを、SNSの上で行うと、抽象的な議論や、スローガンだけの暴走になってしまう。

 本来、共有的な基本情報が存在し、その上での断片を伝えることで、新たな見方を導く。これが、短文でのコミュニケーションではないかと思う。また別の見方では、両論対立の時などには、片方の証拠を提示するのは、短い情報提供でよいのかも知れない。

 俳句や禅問答の短いやりとりは、このような読み手が意識できていない、モヤモヤとした情報を、刺激によって整理し体系化させる。これが一つの悟りになる。

 SNSの短文情報交換も、このような見方で観ると、西洋文明と日本教の違いが出てくる。

2020年10月19日 (月)

空海の学び方と西洋文明的学習法

 先日から、弘法大師空海の著書を読んでいる。私ごときが理解できたとは言いがたいが、私たちが今まで身につけてきた、西洋文明的な学習法とは、全く別の学び方が見えてきた。

 空海には、密教が完全に体に入っている。つまり、お経を読む場合にも、そのお経を説いた仏様になりきって、自分のモノとして解説するような読み方になる。このような読み方は、私たちが西洋文明的な発想で教えられた、教科書を読み理解していくという発想とは違ったモノが見えてくる。

 例えば、般若心経を読む場合にも、唯識や華厳等の今までの教えが詰まった上に、密教的な呪法の解釈と説明している。このような体験型の読み方は、密教体系が完成した後から修行した成果でもあったと思う。既に全体像ができている、それを自分のモノとして、体得した上で発言する。

 このような空海の勉強法は、梵語を習得した体験も、影響しているのではないかと思う。文字の体系が座りよく構成されている。これは全体を見通した上で解る。その上で、個別の文字が、その位置にある必然性のようなモノが見えてくる。こうした経験があるから

  一見阿字 五逆消滅 即身成仏 真言得果

と言う、一文字を観ただけで、全てが悟れるという境地になるのではないかと思った。

 この話と、Twitterなどの短い文字でのコミュニケーション可能性に関しても、もう少し考えていきたい。

2020年10月 5日 (月)

反・『反ポピュリズム』 黒幕政治から大衆参加の民主政治へ

 昔買っていた、新潮新書『反ポピュリズム』を読んだ。著者は、読売新聞の主筆であった渡邉恒雄で、見識はあるが好きには成れない人物である。

 

 前に読んだときに反発を感じたが、今回その反発内容が見えてきた。つまり

『知識人の独占政治』または『黒幕政治』

『大衆参加の政治』つまり『大衆の納得理解の政治』

の対立である。

 この本でも、橋下徹を意識しているが、橋下氏は大衆参加に関して大事なことを言っている。

専門家が、法的根拠等について、厳密に論理を添加し手いくことは重要である。
しかしながら
「大衆が、何か納得できない」
と言う不満も大切にしないといけない。

これは、弁護士である橋下徹の経験が言わせたモノであろう。つまり、

「弁護士の立場で法廷で争うときには、きちんと法廷の論理で議論する。」
しかし
「一般人の納得できない法廷テクニック的なモノへの反発は大事にしないといけない」

と言う問題である。これは、光市の殺人事件裁判の懲戒問題の時に、彼が板挟みになった状況からも見える。

  • 弁護士としての法廷テクニックとしての裁判引き延ばしは仕方ない
  • 被害者家族が傍聴に来たのに無駄足させた大衆の怒りも解る

つまり、専門家の事情が大衆の支持を受けなくなったときの怖さを彼は知ったと思う。これが維新の

「ふわっとした民意を大事にする」

と言う姿勢につながっていると思う。

 一方、渡邉恒雄の行動は、黒幕政治そのものであり、自民党の実力者を通じて、竹中改革を潰したり、大連立を仕掛けたりしている。

 このような、一部の人間だけの密室政治が、現在は成立しなくなってきていると思う。

 なお、大衆参加に関しては、多くの手間とコストがかかる。これに関しては長くなるので、別の議論としたい。(続く)

  http://manabizz.cocolog-nifty.com/blog/2020/10/post-b51c58.html

 

より以前の記事一覧