ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

2020年1月25日 (土)

明治以降の「日本教」はそれまでの日本教と変化した

 先日まで『日本教』について、山本七平の議論を踏まえて、色々と考えてきた。その中で、山本七平の議論は、主に明治維新以降の日本の体制に検討を加えているように思う。確かに、日本的革命と言うことで、承久の乱に関しての考察は鋭いが、『空体語』が猛威を振るうのは、明治維新以降の話だと私は考えている。

 そこで、明治維新以降の『日本教』と、それまでの日本教に関してはどこが違うのだろうか?私は以下の二点で違っているように思う。

  1. それまでの地方分権的発想での多様性が明治以降はなくなる
  2. 西洋文明の科学の力がかなり影響している

 まず、地方分権と言ったが、これは江戸時代の各藩の独自性が頭にあった。しかしそれ以外にも、武士の道徳と商人の道徳が独立した面もあるし、僧侶と儒者も独自の発想があった。これらが、互いの独立性を認めながら相互に歩み寄っていた。これが徳川の平和の一面だと思う。次に、西洋文明の科学は、圧倒的な力を持っていた。これを吸収できるように、学校制度などが急速に普及していく。それまでの、日本の文化吸収は、和魂漢才の時も、長い時間を費やして、咀嚼していた。このような悠長なことが許されないのが明治期であり、これに耐える学校制度などが無事展開したのは、それまでの『日本教』の力であった。

 しかし学校制度などで学ぶ、西洋文明的発想が強く入り込み

『正しいと言うことが西洋文明の理論的にいえる世界』

が部分的にでも展開した。

 このような影響を受け、『日本教』は、一様な西洋文明対応の『日本教』になったように思う。

 この結果、多様性への対応力がなくなったのが現在の問題だと思う。

2020年1月16日 (木)

均質化した社会しか見ない人が増えているのではないか?

 昔ある学会で、ある大学教授と論争したとき

「あなたたちは『会社』と『社会』を混同している」

という,『会社人間』にとっては痛い指摘を受けた。

 しかし、この問題は近頃の世相を見ると、もっと深く考える必要がある。例えば、『地方創生』に関連した『都会化』という問題でも、

「地域の独自性を無視し、東京だけを見ている」

という批判が出てくる。このような問題の共通的な原因は、

「均質的なモノへの押し込め」
または
「逸脱者の排除」

という発想である。会社の場合になら、

「採用試験という選別を通し、一つの目的に合わせた社会」

であり都市化の場合でも

「都市に住みたい者だけの社会」

「逸脱者は帰れ」

という発想になることが多い。(逆に、某市に逸脱者を押し込めようとした例もある)

 この様な、『均質人材社会』は、『社会の高学歴化』でますます進行しているように思う。

 「学校で学んだ理論が成立する社会」

このような社会を『理想的』と思ってよいのだろうか? 

2020年1月 8日 (水)

地域の創生のために江戸時代の勉強

 地域活性化という議論をする時には、江戸時代の藩制度を見直すことも大事だと思う。徳川幕府は、時々は国替えを行ったが、原則として諸藩にその土地で継続的に支配させた。そこ結果、『一所懸命』の統治は、殖産興業という形で地域の繁栄に貢献している。従って、江戸時代の制度を見て、これを地域活性化の理想的な形と言うべきだろうか?

 ところが、一つ大きな突っ込みどころがある。

「幕末には多くの藩が経済的に破綻していた」

と言う事実である。徳川幕府自体もかなり破綻に近かったが、地方ももっとひどい状況であった。確かに、色々な開墾や、地域独自の産業を興すことで、江戸時代の初期からは生産性の向上は行われた。しかし、制度的に破綻しかかっていた。

 さて、もう少し江戸時代を見ると、徳川家康は関東地方を、多数の人間が住める土地に仕上げている。これは、治水・利水をきちんと行い、貨幣制度を確立するなどの政治的な指導力のたまものである。この『先行的成功事例』を学んで、各藩は独自の開拓を行っていった。このように、

「中央の模範例を見て、地域ごとの独自性を付け加える」

形で江戸時代の初めの方の地域の活性化は、多くの所で上手くいっている。

 しかし、その後は

「名君や天才的な指導者が出たところ」

はなんとか経済的に立て直したが、多くは破綻寸前となっている。

 この原因には色々な理由があるが、やはり

「時代環境を見て適切な指導する人材が不足している」

点が致命的だった。

 「XXの田舎者」の「有力者」

と言われる人たちが、考える力なしに権威を振りかざすと、分権しても失敗するだろう。 

2020年1月 6日 (月)

地域創生のためには過去の清算が必要

 昨年末の紅白を見て、石川さゆりの「津楽海峡冬景色」を聞いたら、

「上野発の夜行列車も、青函連絡船もなくなっている。」
「この歌が見ている風景はもうない。」

と強く感じた。更にここから思いついた歌が

1964年、伊沢八郎の「ああ上野駅」

である。この歌が見た世界は、中学卒業したばかりの子供達が、集団就職で東京に出てくる姿であった。このような子供が親元を離れて働きに出る。この理由は

「当時の高度成長では、工業化が進み多くの職人をそろえる必要があった。
そこで中学卒業などの若い世代を訓練し、終身雇用で抱え込む。」

と言う、高度成長が背景にあった。ここで、「ああ上野駅」の時代には、親元を離れることへの寂しさや、抵抗があった。

 そこで通産省などが取った政策が

「憧れの東京戦略」

である。つまり、

「憧れの東京に喜んで出てくる」

「空気」を日本中に作ったのである。例えば、地方年にも「XX銀座」という通りを作る、これで

「まがい物の東京」

に慣れている人間は、東京に出ることに喜びを感じるようになる。その一つの成果が

1984年 吉幾三「おら東京さ行ぐだ」

である。

 このように、通産省などの頑張りで、東京の憧れをあおった後遺症が現在も残っている。

 この過去の清算をきちんと行わないと、地域創生は難しいと思う。

2019年12月21日 (土)

鉄と島国の関係

 日本は、6世紀頃から「たたら製鉄」を行って、鉄の道具を色々と使っている。一方、西洋文明を見ると、いち早く青銅の世界から抜けて、鉄の道具に切り替えたのがイギリスである。両者の共通点は、大文明の辺境の島国という点である。

 文明の影響を受けて、色々な情報は入ってくる。しかし、モノの流通には色々と苦労する.これが辺境の島国である。そこでは、分業的な対応や流動的な人の流れも、ある程度制限されてくる。このような状況で

「一所懸命」

が成立する。つまり、

「自分たちの手元で手に入る最善のモノを使い、可能性を拓いていく」

努力を多くの人が行うようになる。また先行文明の

「よいとこ取り」

も可能になる。またこれに加えて、

「持続的な成長可能性」

を考えるようになる。

 そこで、「たたら製鉄」の事例で考えると、鉄鉱石または砂鉄の採集作業では、山を削ったり、川を砂で埋める等の環境破壊がある.沙汰に製鉄に必要な木炭も多くの木材を必要とする。このような環境破壊を見ながらも、鉄の力を活湯して行く。こうして、利益と損失のバランスを総合的、長期的な視点で見るのが

「一所懸命」

の成果だと思う。こうして、全てを自分の問題として主体的かつ総合的に考える。このような人在が地方の活性化に必要である。

2019年12月20日 (金)

地方の活性化のためには歴史の勉強が必要

 地方の活性化のためには、その地域に住んでいる人たちの

「誇りの活性化」

が大切である。さて、このようなことを、わざわざ言わないといけないのか?

「お国自慢」

と言う言葉がある。しかし、この言葉が大分力を失ったように思う。この理由と言うか、犯人の一部は明確である。つまり

「第二次大戦後の高度成長を指導した通産省」

である。第二次大戦での敗戦国日本の復興のため、敗戦原因である重化学工業と電機産業を強化する。そのためには、多くの熟練工を確保して、物作り日本を造る。これが、通産省のエリート達が描いた構図である。そのために、東京を中心とする大都市に、労働力を集中させて、大規模工場の力で技術的な突破を行う。突破した後は周辺にも波及が生じて皆が豊かになる、いわゆるトリクルダウン発想である。

 そのために、

「東京への憧れ!」

を全国にすり込むようにした。例えば、業界団体の中心はできるだけ東京に置くようにする。繊維業界の団体の本部が大阪にあったが、色々な圧力で東京に持ってこさせた。またマスメディアでは、東京のキー局に力を持たせる様にして、

「東京文化への憧れ」

を持たせるようにする。例えば、アナウンサー採用でも、東京のキー局で落ちた人間が、大阪などの準キー局に行く、そこで落ちれば更に地方へと回っていく。

 このような形で、中央への憧れをすり込んできたのが、戦後の体制である。

 しかし、現在は多様化しているし、大量の熟練工依存の物作りは限界になっている。つまり、トリクルダウン理論は成立しない。

 そうなると、もう一度

「地域の誇り」

を取り戻す必要がある。このため、20世紀以降の色々な刷り込みの危険性を排除し、もっと昔の先祖の智慧を知ることが大事ではないかと思う。実際、江戸時代には各藩独自の産業政策で繁栄した場合もあるし、開拓なども独自で行っていた。この地域の智慧を、明治以降は中央官僚の知識が押さえ込んでいったのである。

 このように、歴史を見て、地域のよいモノを見いだすことが、地方創生の原動力になると思う。

2019年12月10日 (火)

古代のメディアとしての祭り

 ちくま学芸文庫の「古代の鉄と神々 」真弓常忠著を読んだ。

 色々と深い教えがあるが、今回はこの本の

「古代の伝承は祭祀に伝わる」

という主張について考えた。

 これは、昔の状況を考えると、紙などは貴重品であり、一般大衆に文字を知る人間は少ない。従って、言語体系もそれほど成長していない。

 また、紙が貴重品と言うことは、絵を描いて広く教えることも難しい。そのような状況では、祭りへの参加を通して伝承していくことは、貴重な機会だったし、祭りというモノはとても有力な伝承メディアだったと思う。

 これは、プラトンが「国家」で描いた

「詩人による伝承」

にも通じるモノである。祭りのなかにでは『詩』が歌われる。そしてそれを芝居等の形で再現していく。

 また祭りには、多くの人が参加していく。このように参加という形で、主体性を持って、自分のがその中に身を置くことで、色々と感じ取っていく。これは、文字という記号上での厳密なる伝承とは別の、総合的な伝承手段であると思う。

 プラトンが、西洋文明を得るために、押さえ込んだモノを、祭りを通して私たちは見直すべきではないかと思う。

2019年12月 6日 (金)

歴史を学ぶことは先人に敬意を表し自分たちの誇りを取り戻すこと

 歴史を学ぶと言うことは、その時にあったことを学ぶことでだけではないと思う。その時代に何があったか、その時代の人が何を考えたか、色々と学ぶことでもある。私は、現在の多様化した価値観の時代こそ、歴史を学び、自分たちと違う環境での「その時代での知恵の働き」を知る。このような経験が重要ではないかと思う。現在のように、便利なモノが少ない、社会インフラもない、そのような状況で、生き残るために色々な考えを出し工夫した先人達の功績、これを見ることが大切だと思う。

 現在の歴史教育は、客観的な内容を重視し、結果だけに執着している。従って、「戦って勝ったのは誰だ」と言う話や、「XXは何年だった」という、年表に毛が生えた内容で試験が行われる。もう少しましな形になると「XXの理由は何か?」という形の記述試験になるが、それでも単純な因果関係に帰着する問題が多い。

 私は歴史を学ぶとは、

その時代を想像し、その環境でどのような考えで行動したか、自分をそこに置いて考える。

修行だと思う。

 歴史を物語としてみる。しかもその環境は現在と違う。例えば、弥生時代を考えると、鉄はとても貴重であり、農具としても限られた使い方になっただろう。このような状況での生活を考える。そこで、

「土地を耕す場合には、畑より水田の方が柔らかく作業しやすい。」
「鉄を使って木製の農具を作れば多くの作業ができる。」

等色々と想像できる。

 こうした先人の苦労を知ることが、本当の歴史ではないかと思う。

 こうして先人の知恵を知れば、彼らに対する尊敬が生まれる。そのような智慧ある民の子孫としての誇りも生まれるだろう。

 地域活性化には、その地の先人の智慧を知り、その子孫としての誇りを持つことも重要だと思う。

2019年11月26日 (火)

他部門の成功を自分たちが得るためになすべきこと

 先日も書いたが、地域活性化などでは、

「新規のブレークスルーよりも、先例のまねでもよいからやり抜くこと」

が重要である。そこで、他の場所などの先行事例をまねする場合も多くなる。

 このような、よそでの成功事例を、自分たちの部門で展開するために必要なことを考えてみた。

 まず、よその成功例は、なぜ上手くいったのかを、きちんと考えることが大切である。そこで二つのルートがある。

  1. 抽象化した一般原則で成功要因を考える
  2. 具体的な活動者などの貢献を見る

この二つを混同すると議論が進まなくなる。まず最初に、一般原則として、どのような表現があるだろう。例えば、

「特定の商品が、ある使い方をすれば、大きな価値を生む」

と言う原則でもよい。一例を挙げれば、料亭で使う『彩り用の木の葉』を、要求に応じて供給することで、成功した事例がある。

 一方、このような原則は、成功のための必要条件だが、十分条件ではない。

 本当に成功するためには、具体的な行動で最後までやり抜く人がいる。先ほどの『彩りの木の葉』を使った町おこしの場合には、役所のなかに成功方法を考え抜き、徹底した支援を行った人がいた。更に運営に関してもしっかりした体制にしている。例えば、作業者を料亭に連れて行って、実際の使われ方を教えたり、収穫を支援するため電動車椅子の活用などを考えている。

 このような、人を動かす苦労、現場に合わせた知恵の出し方などを、考え抜く人財がいるから成功する。このように、一般論で広く深く考え、具体的には知恵を出し工夫しながら、多くの人を巻き込んでいく、人材の育成が地域おこしには重要だと思う。